ホーム » スレ別 » 後味の悪い話 その146 » ブー子とおカスの物語

378本当にあった怖い名無し:2014/01/03(金) 12:09:56.35
昔読んだ漫画。ところどころ脳内補完あり。

これはデブス「ブー子」とガリガリブス「おカス」の物語。
終始ブー子の回想・独白という形をとる。

ブー子とおカスが出会ったのは小四の時。
同じクラスになった当初は話すこともなかったのだが、
偶然外部の同じ学力試験を受けると知って一緒に勉強しだして親しくなった。

無事に二人とも好成績を収められたのだが、
それが気に入らない一部のクラスメイトから無視や悪口といったいじめを受けるようになる。
担任がいじめに気付いていじめグループを叱責したが、そのせいでいじめが悪化してしまう。

ただ、ブー子は体格的にその気になれば男子も弾き飛ばせるため
聞えよがしに悪口を言われたり、物を隠されたり、机などに落書きされたりするものだった。
一方おカスはガリガリな上にワキガと口臭がひどかったため
「汚い」と毎日のように囃し立てる、掃除の時間に顔面にデッキブラシを擦り付けられる
といったものが加わっていた。

二人は互いに慰め、支えあっていたのだが、
実は内心ブー子は自分よりひどいいじめを受けているおカスを見て安心していたのだった。


379本当にあった怖い名無し:2014/01/03(金) 12:12:47.97
二人は中学と高校も同じで、
大学と就職先は違ったがちょくちょく会うような関係だった。

三十近くなったある日、おカスが急に
「実は数か月前から付き合っている男がいるのだが
 最近になって彼が既婚だとわかった。どうしよう」
と言ってきた。

驚いたブー子はあれこれと相手の事を聞き、
「いつかはばれる。相手の奥さんとバトルするか、
 きっぱり別れる覚悟を決めるかしたら良いと思う」
とアドバイスする。

そして帰宅するとブー子は聞きだした情報を元に
その男の住所と電話番号を調べ上げ、匿名で浮気を告発する。
しかしその後おカスはその男と結婚するという。
男の妻はおカスに会うこともなく離婚して出て行ってしまったらしい。
おカスに先を越されて悔しいブー子だったがそんなことはおくびにも出さず祝福する。


380 本当にあった怖い名無し:2014/01/03(金) 12:17:50.85
ところが、結婚後おカスは会うたびにやつれていく。
話を聞いてみると
「姑がことあるごとに前妻と比較して嫌味を言ってくる」
「肝心の夫は帰りが遅く話も聞いてくれない。絶対浮気してる」
とのこと。

慰めるしかないブー子だったが、内心は
「おカスだって不倫の果てに奪ったのだから自業自得。
 そもそもおカスレベルの女と付き合う時点で浮気性確定だろ」
と思っている。

そうこうするうちにおカスはうつ病を発症したらしく
会うたびに「死にたい」と言ってくるようになった。
あまりにも「死にたい」を連発されてイライラが頂点に達したブー子は
「そんなに死にたいなら死んじゃえば!?」と暴言を吐いて帰ってしまう。


381 本当にあった怖い名無し:2014/01/03(金) 12:20:35.35
そして暴言を吐かれた帰りにおカスは自殺してしまう。

さすがのブー子も「自分が彼女を殺してしまった」と罪悪感に苦しんだものの・・・
自分より不幸だったおカスがいなくなって情緒不安定になり
心療内科に通うハメになると「第二のおカス」を探し始めるのだった。

ブー子の性格や結末もさることながら、
ブー子はこれだけおカスを見下していながら
終始彼女を「親友」と言い続けているのが後味悪かった。


383 本当にあった怖い名無し:2014/01/03(金) 13:54:26.14
>>381
ハリセンボンさんのお話ですね

387 本当にあった怖い名無し:2014/01/03(金) 14:56:32.38
俺もハリセンボンが浮かんだw

後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...