ホーム » 小説 » 児童文学・絵本・昔話 » 古いランプ(土家由岐雄)

621本当にあった怖い名無し:2014/01/13(月) 22:42:42.53
「かわいそうなぞう」作者の「古いランプ」という短編。

魔法のランプの魔人の力で、無人島に豪邸を建てて暮らそうとした商人が
やはり寂しくなって町に帰してと頼むんだけど
この魔人が先に死んでしまい、商人は脱出のすべを失ったまま一人取り残される。

ラストシーンは、食料も無い無人島で商人が餓死しつつある描写で終わる。
『ほねと かわに やせほそりました。もう一週間 水しか口にしていません。
 (確か庭の噴水の水を飲んで凌いでいた)
 なつかしいなかまのかおが うかんではきえていきます。
 せかいがまわりだしました。ああ、めがまわるめがまわる。
 ぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐる…』

 

かわいそうなぞう (フォア文庫 A 24)
かわいそうなぞう (フォア文庫)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...