ホーム » スレ別 » 後味の悪い話 その146 » リリア 4-ever

951本当にあった怖い名無し:2014/01/24(金) 02:39:49.81
リリア 4-ever

少女売春を扱った映画ってことである程度覚悟はして見たけど
予想以上に後を引く映画でした・・・
有名らしいが既出上等だそうなので書く

リリアと言う旧ソ連の貧困街で母親と二人で暮らしている10代の少女
貧しい生活の中で持っている唯一の夢は
「裕福な他の国へ移住する」という事だけど目処はない

ある時母親からアメリカ人のボーイフレンドができた事、移住することを伝えられる。
しかしビザや手配の関係でどうしても今すぐに一緒にリリアを連れて行けないという。
「落ち着いたらすぐに迎えに来る。それまではお金と手紙を送るから」
と母親に説得されて二人を見送るも、その後は音信不通。
裏切られた事が分かったが、だからといってどうしようもない

非行に走って荒れるリリアだが
隣の部屋の青年はリリアに好意を持ち「こんな生活はやめよう」と説得する。
でも少年のが年下と言うこともあって「子供が世迷いごとを言ってるだけよ」と取り合わない。
そんな生活の中でリリアにも彼氏が出来てその彼氏に
「貧しいこの町から抜け出して、一緒にスウェーデンに行って二人で生活しよう」
と言われ受け入れる。

けれど、隣の少年は彼氏を怪しんでいた。
リリアに「自分と一緒に生活しよう。貧けど一生懸命に働くから」とプロポーズするけど
アメリカに夢を馳せ、貧困街に嫌気がさしているりリアはスウェーデン移住の道を選ぶ。


952本当にあった怖い名無し:2014/01/24(金) 02:40:32.61
しかし、彼氏だと思っていた男は売春組織のバイヤーだった。
スウェーデンには確かに行けたが、
空港から「迎えに来た」という組織の男に連れられて
そのままアパートの一室に監禁される。

その後は仕事(売春)がある時だけ部屋から出されて、
それが終わるとまた組織の人間が迎えに来て部屋に戻される、という奴隷生活。
普通にセックスするだけならマシな方で、変態の客に「自分の娘を演じてくれ」と依頼されて
我慢が出来ず「お金で心までは買えない!」とそんな生活
(ちなみにこの辺はカメラワークがすごくうまい。確かにセックスとか性の要素はあるけど
 あくまでも視点が「リリアから見た視点(=自分の上で息を荒げる男)」だったりと
 いやらしいとかそういう絵じゃなく、性的嫌悪感とかが先立つ視点になってて
 すごく気持ち悪い)

そんな生活で思い出すのは隣の部屋の少年のこと。
確かに脱ソ連ということに惹かれてしまったが、
あそこで少年と暮らす選択肢もあったんじゃ?と思い出す。


953 本当にあった怖い名無し:2014/01/24(金) 02:41:34.69
しかしその頃、その少年は
リリアがいなくなったショックと国の貧困に失望して自殺していた。

そんなことを知らないリリアだが、ある時お客のスキを付いて逃げ出す。
しかし、もう生きる気力はなくホテルの屋上から飛び降りようとする。
そこに突然少年の霊が現れ
「本当はもっと生きたかった。飛び降りたら奴らの勝ち。君の負けだ。
 君には僕と同じ過ちを繰り返さないで欲しい。」と説得。
しかし、リリアはそんな少年の言葉を受け止める気力もなく
そのまま身投げして死亡。

薄れ行くリリアが最後に見たものは
「スウェーデンに行こう」という言葉を振り切ってアパートに帰り、
少年と楽しくすごく夢だった・・・。

売春のシーンがすごく気持ち悪く描かれていた事や、
確かにリリアも軽率な部分はあったけど
この辛い環境で突然そんなことを言ってくれる人が現れたら
藁にもすがる思いになってしまうだろう
というのも分かるように書かれてたのでなんか本当に後味が悪かった

ただ、最後のシーンはそれまで現実というかドキュメンタリー風だったのに
いきなり幽霊が現れてびっくりした。
リリアの見た幻とも考えられるが少年本人はその前に死んでるから…


954 本当にあった怖い名無し:2014/01/24(金) 09:09:00.73
救われないな

 

Lilja 4-Ever [Import] [DVD]
Lilja 4-Ever [Import] [DVD](※海外版)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...