ホーム » スレ別 » 後味の悪い話 その147 » サマーナイトメア(藤森幹)

358本当にあった怖い名無し:2014/02/06(木) 00:20:50.34
なかよしかなんかの付録だったホラー短編集で
本当にうろ覚えなんだけど、

主人公とその友達2人が豪華客船?に乗ったら
そこが実験施設みたいなところで
でっかい蜘蛛がわらわらと主人公2人を襲う

逃げた先に透明のカプセルがあって、
主人公の友達が「1人しか入れない!」みたいなこと言って
主人公裏切って一人で入る
んでカプセルに電流みたいなのが流れて、
友達も巨大蜘蛛になって主人公を襲うようになる

でも最後は自我が蘇って、
「ゴメンネ…」って言いいながら主人公を助ける

生還した主人公、無事保護され病院に
「奇跡だ」という医者

でも主人公の腕には蜘蛛の毛がうっすらと生えている
「悪夢よ」と呟いて終わり

ホラー短編なんだからほとんど後味悪いの多いけど、
なんか印象残ってるなぁ


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...