ホーム » スレ別 » 後味の悪い話 その147 » ザ・インシデント

365本当にあった怖い名無し:2014/02/06(木) 03:05:25.76
「ザ・インシデント」という映画が後味悪い。軽い気持ちで見て後悔した。
細かいところは覚えてないので、随所簡潔に書いていくがすまん

精神に障害を抱えた犯罪者たちを収容している刑務所。
主人公たちはそこでアルバイトとして働くコック
収容者たちは不気味な人間ばっかりだけど、
毎日安定剤を飲まされてるから暴れまわったりしないし、
刑務所のセキュリティー自体も万全だから一応安心して働いていた

けど、ある時雷で停電が発生。
収容者たちのリーダー格が薬を飲んだフリをしておくよう指示していたことで、
収容者たちは興奮状態

刑務所中がそんなんだから、当然まともに逃げられるわけもない。
警備員だって殺されていく…
仲間を失いながらも、どうにか非常用の電話で警察を呼ぶことには成功する

ところが、罠にはまって捕まってしまう主人公。
体を切り裂かれたり、捕まっていた仲間が殺される様を見せつけられる。
さらには、目の前で自傷行為をしてくるリーダー格…

その後主人公は、どうにか間に合った警察と生き残った仲間によって救助される
入院し、ベッドの上の主人公と、側で「もう大丈夫」と語りかけてくれる彼女
しかし、彼女の言葉はもう主人公には届いていなかった。
主人公に見えるのは、あの刑務所の厨房で自分の体を切り裂いていく仲間たちの幻覚…
絶叫を上げる主人公が映って終わり

主人公たちは収容者たちを不気味に思ってたってだけで、
何も悪いことしてなかったのに…
予定通りなら、コックのバイトだって皆で辞めてたはずだった
皆でやってたバンド活動だって続けられてたはずだった。
まさか発狂エンドになるなんて…

大筋は大体こんな感じ。
調べてみたらもっと細かいところ分かったけど、
もう一度検索しようとはさすがに思えない

 

ザ・インシデント [DVD]
ザ・インシデント [DVD]


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...