ホーム » 小説 » その他書籍 » 燃え盛るアパート

606本当にあった怖い名無し:2014/02/12(水) 17:08:04.63
なんかで読んだ小話

あるところにひと組のカップルがいた。
とても仲が良かったのだが、ある日男性の方が亡くなってしまう。
死因は男性が住んでいるアパートが火事になり、男は逃げ遅れてしまったのだった。

女は嘆き悲しみ自殺も考えた。
そんな時、過去に戻る事ができる方法があると聞き、それらを色々試してみる事に。

そして、最終的に本当に過去、アパートが火事になる少し前に戻る事ができた。
急いで男のアパートへと向かい、男に逃げるように伝えに行く。
しかし、女が男の部屋で見たものは、男と裸で抱き合っている見知らぬ女だった。
気が付くと、女は燃え盛るアパートを見つめていた。

後日、女は自分が火をつけたと警察に自首する。
しかし、いくら調べても女にはその時間帯のアリバイがある事に
警察は頭を悩ませるのだった。


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...