ホーム » スレ別 » 後味の悪い話 その147 » どうせ喪女だし見た夢でも晒そうぜ 10 より

7071/3:2014/02/15(土) 14:05:07.86
夢日記みたいなスレからコピペ

788 彼氏いない歴774年 sage 2014/02/10(月) 22:39:30.50 ID:z9p2YiVH
こんな夢を見た。
夢の中では自分は高校生。普通に学校に通い、授業を受けていた。
しかしある時、戦争が始まる。

情報統制のためか、それとも夢故のあやふやさからか、
敵国がどこなのか、何を目的とした戦争なのかも解らない。
次第に激しくなる戦闘。我が国は劣勢のようだ。

人員不足のために高校も兵科学校へと改組され、
授業内容も銃器の扱い方や戦闘訓練、塹壕の堀り方などへ変転していった。
全寮制となり、脱走を企てるものを阻むため、敷地の外周には高い塀。
通用門には二十四時間体制で見張りが就いていた。

暫くの訓練期間の後、我が校の生徒も出撃する時がきた。
クラス毎に小隊を組み、 番号の若い順に前線へ赴く。
戦禍は激しさを増し、一度出撃すれば生還出来るものはほぼいない。
その少数も、かろうじて “生きてはいる” という状態だった。


7082/3:2014/02/15(土) 14:06:41.07
私は考えた。
敗戦が見えているような劣勢の中、戦地へ赴くということは、死にに行くのと同義だ。
見ず知らずの他人に殺される位なら、いっそ自害したほうがましなのではないか、と。

同様に考えた者がいたのか、拳銃自殺した者、投身自殺した者が何人か出た。
彼らの遺体は見せしめの為、回収まで死後三日間放置された。

所属する小隊の出撃を翌日に控えた夕方、私は校舎の屋上に立っていた。
グラウンドは塹壕訓練のため至る所に穴があき、
二日前に飛び降りた者の遺体を、烏が啄んでいた。

その姿が、私の決心を僅かに揺るがせた。あれは数日後の私の姿だ。


709 3/3:2014/02/15(土) 14:07:20.74
万に一つの可能性に賭けるか、それとも、結果が同じならば自らの手で終わらせるか。
暫しの逡巡の末、フェンスを乗り越え、改めて地上を見下ろす。
大きく息を吐き出し、アスファルトの床を蹴った。
ふっ、と内臓が持ち上がる感覚。

と、その時。
校内の、そして街中のスピーカーから音声が聞こえてきた。
その音声は、我が国の敗戦と、そして終戦を伝えるものだった。

目が覚めてから、現実で似たようなことがあってもきっとこう行動するだろうなぁとか、
タイミング悪すぎだろ、だから喪なんだとか、色々考えさせられた。
でも後味悪いけど、漫画みたいでなかなか面白かった。


710 707:2014/02/15(土) 14:13:31.97
他も後味悪い悪夢から荒唐無稽な不条理ものみたいのまで様々あって、
夢日記系のスレはなかなか面白い

後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...