ホーム » 体験談 » 学校 » 全校生徒で映画を見る時間

15本当にあった怖い名無し:2014/02/24(月) 20:30:12.73
とある中学校、そこでは毎年一回、
「体育館で全校生で映画を見る時間」というのがあった。

ある年の映画は、障碍者をテーマにした映画だった。
重い知的障害の生徒と、なんとか理解しようとする若い先生と、
それを見守るベテラン教師。
心の交流の映画だった。

映画を見終わり、生徒は椅子を教室に持ち帰って、先ほどの映画の話になった。
生徒たちは大半が(お調子者の男子を筆頭に)、障害者のマネをしたいた。
言い返せない生徒に、「お前も障害者だ」とはやし立てた。
たどたどしい言葉づかい、体をくねらせ、笑っていた。
懸命に生きるスクリーンの中の人物や、現実に生きる障害者を馬鹿にしていた。

ある意味(心の)障害者は、生徒たちの方だった。


28本当にあった怖い名無し:2014/02/24(月) 21:52:43.48
>>15
気持ち悪い字を使ってますし、あなたは人権屋さんでしょ

29 本当にあった怖い名無し:2014/02/24(月) 22:17:34.69
>>28
「障碍者」って打っちゃったこと?
これは勝手に変換されただけの誤字だ、すまん

あとこれ現実の話
私は「言い返せない生徒」だった
正確に言えば「特殊学級の子と仲の良かったという理由でハブられてた奴」

人権屋っつーのは大間違いだ


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...