ホーム » 小説 » その他書籍 » 悪趣味ゲーム紀行(がっぷ獅子丸)

360インカム600円の話:2014/03/09(日) 00:29:18.29
「悪趣味ゲーム紀行」(がっぷ獅子丸)のコラムから

ゲームプロデューサー・がっぷ獅子丸が、
某アーケードゲーム制作会社の契約社員社員時代に体験した後味悪い実話。

そのアーケードゲーム制作会社の主力は対戦格闘型ゲームであった。
とある新作がひどい出来であり、制作に携わっていた獅子丸すら
(うっわーつまんねぇこりゃいかんだろ)とあきれてしまった。

すれっからしの社長は社員全員に
「お前らロケーションテスト中、ゲームセンターに行ってこのゲームをプレイして来い!
 プレイ料金は俺のポケットマネーから出してやる!」
と命じる。


361本当にあった怖い名無し:2014/03/09(日) 00:32:08.64
ロケーションテストとはアーケードゲームの新作を一定期間(大抵3日間前後)、
契約しているゲームセンターで公開することである。

試用期間中のプレイ料金の総額を業界用語でインカムと呼ぶ。
ゲームセンターはインカム金額に応じてゲーム筐体の仕入れ数を決める。
つまり社長は自社のアーケードゲームのインカム水増しを社員に命じたのである。
はっきり言って詐欺行為である。

獅子丸を含む社員20人全員が社長の指示に従い、
ロケーションテスト中毎日やれ3000円使っただの5000円使っただの
景気良い報告が飛び交っていた。


362 インカム600円の話:2014/03/09(日) 00:36:18.93
やがてゲームセンターからインカムの売上表が届いた。
社員たちの報告が正しければインカムは10万円を下らず、
これほど白々しい結果もないのだが「わざとらしかったかなぁ」と
にやにや笑いながら売上表を開いた社長の驚愕の表情を
獅子丸は一生忘れられそうになかった。

インカムは600円だった。しかも3日間で。

獅子丸一人だけかと思っていたら皆猫糞していたのだった。
社員全員が横領という輝かしい社史は今後塗り替えられそうにない。

「お前らは俺を裏切った!皆うそつきだぁぁぁ!」と涙ながらの社長の叫びを聞いて
何だか俺たち体育館の裏でタバコ吸っていた現場を押さえられた不良みたいだな~
と思う獅子丸であった。


363 本当にあった怖い名無し:2014/03/09(日) 00:41:19.43
仕込みで不当な評価を出そうとしたんだから自業自得かもしれんが、
流石にちょっとかわいそうだなww

365 119-172-168-123.rev.home.ne.jp 【Ddoll1381065122618948】:2014/03/09(日) 08:45:53.01
>>360
その本面白いよね。
昔の本なのに今でも取ってある。

個人的にはその本に出てた話で般若の面の話が後味悪かった。

ゲーム製作会社で作者とスタッフは
ゲーム制作の参考にとある舞踏家の方から由緒ある般若の面を借りた。
その面でスタッフはふざけて遊んでいて、落として破損してしまった。
青くなるスタッフ達。

つのの部分が割れたのでとりあえずパテで修復し塗装した。
そしたらつのの部分だけいかにもプラモデル塗装で違和感ありまくりだったので、
面の全面プラ塗装。
やけに光沢のある般若面を箱に押し込んで、そのまま返却。
あとどうなったかは知らない。
みたいな話。

 

悪趣味ゲーム紀行
悪趣味ゲーム紀行
悪趣味ゲーム紀行〈2〉
悪趣味ゲーム紀行 2
悪趣味ゲーム紀行〈3〉
悪趣味ゲーム紀行 3


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...