ホーム » スレ別 » 後味の悪い話 その1 » 島田紳助

818 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:02/01/13 03:08
「松本紳助」での島田紳助の話。

クリスマスイブを家族で過ごすことになった島田一家。
丁度、外は雪。外の風景も銀一色(島田家は田舎にある)。
家族全員(妻、娘達、飼い犬)外に出て「うわーい!」と幸せ一杯に走り回った。
しかし、犬の姿が急に消えた。
探してみると、氷の張った池に落ち込んでいたのだ。
(氷の上に雪が積もっていたので、犬もそこが池だとわからなかった)
そして、助けるすべもなく溺れ死んでしまった。
幸せな時間はいきなり暗転。
シンスケは犬を引き上げて家族でお墓を作って、そのままクリスマスイブに突入。

「んで、嫁も娘も号泣してるやろ、最悪のイブや。俺も仕方ないから家族の当主として、
 おまえらな、これは命を大切にせえということやねん、ちゅーてもっともらしいこと
 言うてなだめたんやけどな、そら全然あかんわ」
松本「(絶句しながら)うっわ・・・そらにーさん、最悪じゃないですか」


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...