ホーム » スレ別 » 後味の悪い話 その2 » 串刺し王

791 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:02/02/08 23:40
かつてのルーマニア(ワラキア)国王で
「串刺し王」と呼ばれ恐れられたヴラッド・ツェペシュ。こいつ極悪。
あだ名で想像つくと思うが、こやつは敵・味方関係なく自分の気に入らない人間を
ことごとく串刺し刑にするのを無上の喜びとしていたとんでもない暴君。。。
男は肛門から、女はヴァギナから串を通され、自らの重みによってゆっくりと刑は執行された・・・
なんでもあのドラキュラのモデルらしい。

792 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:02/02/09 00:41
>>791
おや?
敵には容赦なかったが、領民には人気があったと聞いたぞ。

816 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:02/02/10 17:04
>>791
ヴラッド・ツェペシュ

串刺しで悪名高いんですが、この人の生涯もかなり壮絶です。
父と兄はトルコに殺され、自身と弟はトルコで人質生活。国に帰った後も公位を追われ、
身を寄せた先の貴族も暗殺されたりしています。なんとか公位を奪回し、恐怖政治で国内を統一。
その後最大の敵であるトルコと戦ったのですが
(有名な2万人串刺し晒しはこの時に…それ以前にも自国内で沢山処刑してますが)、
退けたものの、スルタンのお稚児さんに成り下がった弟に裏切られて公位をおわれます。
同盟国のハンガリーに助けを求めたけれど、逮捕されて12年間幽閉されてしまいます。
その後3度目の公位についたけれど、暗殺されました。

…って「世界ふしぎ発見」でやってたです。裏切りに次ぐ裏切りの中で救いなのは、
幽閉中に結婚した奥さんとは仲睦まじかったこと。
荒んでいた心も癒されたらしいです。レース編みなんかもしてたとか…(藁
人としての心を取り戻した後で暗殺ってのもまた後味悪いような。


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...