ホーム » テレビ » ドラマ/タイトル不明 » 憧れのバイオリン

487 名前:バイオリン 1/3 投稿日:02/12/12 20:59
かなり前にテレビで見た話。
うろ憶えなので、多少アレンジはいってます。

ある町の骨董屋。
店に並べられている骨董品の中には一挺のバイオリンがあった。

ある日、店に一人の男の子がやって来ると
店の主人に「あのバイオリン、いくらですか。」と訊いてきた。

主人が値段を言うと、男の子は「・・・全然足りないや。」と
うつむいてがっかりした様子だったが、
顔を上げると「お金もって、また来ます。」と言って帰っていった。

数日後。

主人は男の子が新聞配達のバイトを始めたことを偶然知る。
男の子は、その体には大きすぎる自転車に新聞を積んで坂道を登っていた。
一生懸命ペダルをこぐ男の子の姿を、主人はじっと見つめていた。


488 名前:バイオリン 2/3 投稿日:02/12/12 21:00
それからしばらくたったある日。

主人がいつものように店番をしていると、身なりのいい男性が店を訪れた。
男性は店の中の骨董をいろいろと眺めていたが、バイオリンに目を留めると
主人に向かって「あれはいくらかな。」と訊ねてきた。

主人が「いえ、あのバイオリンは・・・」と口ごもると
男性は「なんだ、売り物じゃないのかい。しかし私はあれが気に入ったんだ。
これでどうだろうか。ぜひ譲って欲しい。」と
バイオリンの値段の何倍もの額のお金を取り出し、主人の前に置いた。

主人は思いがけない金額を前にして、少しの間考えていたが、やがて
「申し訳ありません。やはりお売りするわけにはいきません。」と男性に告げた。
「やっぱりダメか。残念だが、仕方ないな。」男性はそう言うと帰っていった。


489 名前:バイオリン 3/3 投稿日:02/12/12 21:01
それから数ヵ月後。

「あのバイオリン、まだありますか?!」
新聞配達で貯めたお金を持って、男の子が店にやってきた。
しかし、店の中にバイオリンは見あたらない。
男の子がキョロキョロと店内を探していると

「待ってたよ。」
主人は男の子に微笑みかけ、あの日以来、誰にも買われないように
奥の棚にしまっておいたバイオリンを持ってくると、男の子の前に差し出した。

ぱあっと笑顔になった男の子が目をキラキラさせて、
バイオリンを手にしようとしたその時、

「   バ  キ  ン  ッ ! !  」

主人の手がバイオリンをへし折った。

呆然としている男の子に向かって、主人はうれしそうに一言。

「 これが私の楽しみ。 」


490 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:02/12/12 21:59
>>487-489
死が絡んだ話とはまた別種の後味悪さだな・・・
これはドラマなんですか?それともコント?

491 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:02/12/12 23:13
>487-489
つーかオチで顔が引きつった。ある意味ホラーだ。
面白かったです。

492 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:02/12/12 23:52
主人の鉄の意志・・・(・∀・)ヤッテクレル!!

493 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:02/12/13 00:54
>>487-489
私的にこのスレNo.1。

494 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:02/12/13 01:01
>>490
コントではなかったです。
たぶん深夜で、15分くらいの長さだったような。

始めに書いたように、あんま憶えてないので
あとは東京で民放の地上波で見たとしか言えないでつ。


496 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:02/12/13 06:05
笑えなかった・・・
かなりゾクっときました。

後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...