ホーム » 小説 » その他書籍 » 一筋の流れ星

534 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:02/12/16 16:25
思い出した。

夜空を見上げている母と息子……
宇宙飛行士である夫が出発してからは、息子と毎晩空を見上げるのが日課となっていた。

「ねぇ、おかあさん。おとうさん、もうすぐ帰ってくるんだよね。
 今はどこにいるのかな?雲のずっと、ずっと上にいるのかな?」
「そうねぇ…。おかあさんもそう思うわ。お父さんが帰ってきたら聞いてみようね。」
「うん!」
その時一筋の流れ星が。
「おとうさんが早く帰ってきますように…!
 流れ星にお願いごとすると、お願いごとが叶うんだって。おとうさんが言ってたの。」

大気圏突入で燃え尽きる父。

星新一の没作品かなんかにあった話。


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...