ホーム » 小説 » その他書籍 » モウオシマイ

687 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日::03/04/16 20:26
ある仕事がうまくいかない男がいて、
ある日突然正体不明のヤツから携帯に電話がかかってくる。
そいつはなんか機械みたいな声してて、仕事の判断やらを
どうしたらいいかアドバイスしてくれる。おかげさまで男は大成功。
その他にも色々な判断の時にアドバイスしてもらいそれらはことごとく正解。
そのおかげで男は出世して満足な生活に。

そいつがある日出張で飛行機に乗る。すると突然奴から電話がかかってくる。

「オチル、オチル、ミンナシヌ、モウオシマイ」

と言って切れる。その時突然飛行機が乱気流に巻き込まれ、激しく揺れる。
「これ以上恐怖を味わうのはたくさんだ!」
と言って主人公はトイレの中でネクタイで首を釣る。

その後飛行機のアナウンスが。
「当機ただいま気流の悪いところを通過しましたが、ご心配なさらぬよう・・・」

結局飛行機は無事飛行場に着き、トイレの中から男の自殺死体が・・・

おしまい

何かの本に載ってた。なんだっけなぁ・・・


688 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日::03/04/16 21:07
687
それ、めちゃくちゃ後味ワルー

689 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日::03/04/16 21:11
結局電話の奴は誰だったんだ?なんで最後にそんな電話を?
と、気になってしまう

690 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日::03/04/16 21:11
星新一みたいだが・・わからん

781 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日::03/04/17 22:34
亀だが、>>687について
星新一の作品に「携帯」は出てこないと思う。
誰の何て作品だか知りてーなー

後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...