ホーム » 小説 » 児童文学・絵本・昔話 » 子どもたちが屠殺ごっこをした話(グリム童話)

696 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日::03/05/07 21:48
残酷童話って言えば子供が、ブタ捌いてるの見て
いじめられっこで実際に真似しちゃうって話もあったよな

697 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日::03/05/07 21:50
>696
それは大本のグリムでも同じじゃなかったけ・・

698 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日::03/05/07 22:34
>>697
グリムだとこんな感じだっけ?

屠殺の真似をしていたある子供が弟を殺しちゃっておおさわぎ。
さぁ、どういう判決にしたらよいか、てなった。

村長が、お金とリンゴをテーブルの上に並べて、弟を殺しちゃった子供に、
「どっちか好きなほうを取りなさい」
という。

子供はリンゴを選んだので、屠殺ごっこをした子供に悪意はなかった、
大人たちがやっている、屠殺の真似をしてしまっただけだ、
ということになって、子供は無罪放免、楽しげに他の子供と遊びにいきますた。

てな感じでおわる。
これを読んだ当時、小学生だった自分は(゚Д゚)ハァ?となったのを覚えているよ……
この話の教訓は、子供の前では残虐なものを見せてはいけません、
みたいなもんだったかと……


702 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日::03/05/07 22:57
屠殺ゴッコ、もう一つあったよね?

三人兄弟のお母さんが、一番下の赤ん坊を二階でお風呂に入れていました。
窓の外を見ると、お兄ちゃんが弟に「おまえ豚におなり」
といってナイフで首を裂いてしまいました。
ビックリしたお母さんは二階から駆け下りてお兄ちゃんのナイフを取り上げ、
思わずお兄ちゃんをぐさりとやってしまいました。
はっと思い出して二階に駆け戻ると、末の赤ん坊はたらいの中で
おぼれて死んでました。
一度に三人の子供を失った母親は発作的に首をつって死んでしまいました・・・ 


710 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日::03/05/08 01:53
>>702
うる覚えなんだが、最後にそこへ帰ってきた父親が
ショック死して、一家全員・・・だったはず

 

完訳 グリム童話集〈1〉 (岩波文庫)
完訳 グリム童話集〈1〉 (岩波文庫)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...