ホーム » スレ別 » 後味の悪い話 その11 » 遮断機くぐり

205 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:03/05/31 23:49
厨房の頃。
通学路の途中に踏切があり、遅刻寸前に学校に行く漏れは
ほぼ毎朝
カンカン鳴ってるのを無視して遮断機をくぐり通り抜けてた。
わりと人がたまる踏切で、毎度十人くらいの歩行者が待つ。
そして、だれかがくぐると続いてくぐるやつも出てくる。
何しろ長い踏切だった。漏れはもはやそもそも待つことをしなくなってた。

卒業してすぐに、その踏切で、一個下の女子厨が電車にはねられたと聞いた。
なんでも、三年生になったその子は 無遅刻無欠席皆勤賞のまじめっこだったらしく、
その日は遅刻しそうになって思わず遮断機をくぐったんだそうな。
もしや漏れが頻繁にくぐってるのを見て、真似したんでは・・・

と、後味悪い思いをずっと持っていたんだけど、
よく考えると遅刻寸前の俺と無遅刻無欠席の彼女では
きっと登校時間帯が違うから、
見るわけねー罠
長文でゴメン


209 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:03/06/01 00:53
>>205
ある作家さんの妹もそれで亡くなったらしいぞ。知的障害者だったらしいけど。
交通マナーに関しては、子供が見ていて真似したら、という視点は常備してないといかん。

211 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:03/06/01 01:57
その作家さんは、妹の前に遮断機をくぐった人をつきとめて、きちんと話をつけたらしい。
でもやっぱり心残りで、事故と似たシチュエーションで少女が助かる話を書いてた。

後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...