ホーム » スレ別 » 後味の悪い話 その12 » 人違いバラバラ殺人事件(古屋栄雄)

491 名前:実際にあった事件らしい 投稿日:03/07/31 22:47
ある男がいた。
男には将来を誓い合った恋人がいたが、男が職を転々としいつまでも落ち着かなかったので、
彼女の両親によって二人は引き離されてしまった。
男は恋人に会わせてくれるよう彼女の両親に頼んだが、
すでに彼女は他県に住んでいる実姉の元へ預けられていて会うことが出来なかった。
男は「今度こそ真面目にやろう」と東京の街を歩きまわった。
すると、道の向こう側から白いブラウスを着た恋人がやってきた。
「あいつ、東京にいたんじゃないか」
男は彼女を後ろから羽交い絞めにし殺害した後、
「他の男に抱かれないように」遺体をバラバラにして捨てた。

殺した相手が恋人ではなかったことを知るのは、
翌日の新聞を読んだ後のことだった。


493 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:03/07/31 22:58
>>491

それは本当にあった事件だよ。別冊宝島の『殺人百貨店』に載っていた。

法廷でその彼女も証言台に立ち、
「私はその男となんの関わりもない!」と言い放った。
男は女に襲いかかろうとし、余計に罪が重くなったんだ。

 

新装版 戦後死刑囚列伝 (宝島SUGOI文庫)
新装版 戦後死刑囚列伝
(宝島SUGOI文庫)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...