ホーム » スレ別 » 後味の悪い話 その14 » ジョニーは戦場へ行った

507 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:03/11/02 23:07
「ジョニーは戦争へ行った」

戦場で砲弾によって瀕死の重傷を負い目、鼻、口、耳をそぎとられた。
そして、壊死した両腕、両脚を切断されて病院のベッドに横たわっていた。
感覚を失った彼は狂気に陥ることもできずに過去の思い出と想像に想いをめぐらせている。

やがて、彼は残された感覚―触覚―を頼りに時間の流れを知り、
そして首を動かすことによってモールス信号を発信して『外部』との接触を図る。
額を押さえつけられ、麻酔薬を注射されながらも彼は頭をベッドに打ち続ける…。
長い月日を経て、彼の意図に気付いた者が現われる。
そして彼にモールス信号が送られる。
「WHAT DO YOU WANT?―なにがほしいか?―」
彼の望みは…

「僕をサーカスに出してくれ。それが出来ないなら殺してくれ。」

 

ジョニーは戦場へ行った [DVD]
ジョニーは戦場へ行った [DVD]
ジョニーは戦場へ行った (角川文庫)
ジョニーは戦場へ行った
(角川文庫)(原作)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...