ホーム » 小説 » 小説/さ行 » 塩狩峠(三浦綾子)

971 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:03/11/28 00:57
なんとか峠も後味悪かったな~。
急勾配を下る列車に乗っていた紳士が、
ブレーキぶっ壊れて止まらなくなった列車を止めるために
線路にダイヴしてその身をもって列車を止める話。
しかも実話なんだよな。
荷物かなにかを投げりゃよかったとひたすら思った。
これ何峠だったっけ?

972 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:03/11/28 01:18
塩狩峠

974 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:03/11/28 01:56
三浦綾子だよね。
キリスト教的自己犠牲精神って…そんなんで助けられたらられたで
一生トラウマだと思う…

976 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:03/11/28 13:50
塩狩は紳士じゃなくて乗務員。
そのシーンで延々と女の名前が羅列されるあたりがキショかった。

 

塩狩峠 (新潮文庫)
塩狩峠 (新潮文庫)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...