ホーム » 小説 » その他書籍 » 穴

373 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:04/06/03 16:10
こんにちは
友達が読んだという道徳の教科書の話をします

タイトルは「穴」

今日は待ちに待った遠足です
先生は言いました「みなさん勝手な行動はとらないでください」

主人公とタケシ君は遠足の途中でほら穴を見つけます。

「この穴に入ってみたい」とタケシ君はいいます
主人公はとめましたが、タケシ君は突っぱねて穴の中に入ってしまいました

タケシ君が穴の中に入って、主人公は穴の外で待っています
しかし、タケシ君は小一時間待っていても出てきません
主人公が先生のとこに行って事情を説明します

主人公「先生タケシ君が穴の中に入って、出てきません」
先生「タケシ君って誰?」

で終わり

おおまかにはこんな感じです

挿絵は宇宙!
下の質問のところには「タケシ君はどこにいってしまったのでしょう?」
という質問が・・・

友達はその道徳の教科書をもう一度見たいと思い
田舎の学校にいってみたそうなんですが
もうその教科書はなかったようです。


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...