ホーム » スレ別 » 後味の悪い話 その19 » ジョギング中毒

466 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:04/08/03 17:09
健康のためにジョギングを続けていた男、以前より体も引き締まって
病気にもなりにくくなったし、ジョギングのおかげだと毎日頑張った。

しかし、健康のためにしていたジョギングも、次第にジョギングそのものが目的となっていく。
ジョギングの時に脳内で分泌されるエンドルフィンなどの物質、
いわゆる脳内麻薬のとりこになっていた。

ある日、男は足をくじいてジョギングができなくなる。
仕方なくジョギングを休んだが、どうにも落ち着かずイライラしはじめる。
暴力的になり、明らかに様子がおかしいと思った家族が病院に連れて行った。

偶然そういった中毒の専門家が病院にいたので原因がわかり、
男は中毒から立ち直るためのリハビリを受けている。

健康に役立つジョギングも、度を越せばアルコールや麻薬のように
人を蝕むものとなるのだった。


467 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:04/08/03 23:19
>466
なんというかどんな事も度を越すと害になるんだな。
マラソンの提唱者もマラソンのやりすぎで死んだと
トリビアの泉でやっていた

469 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:04/08/03 23:59
運動以外でも熱中するもの人生をかけることってのは、
たいてい依存症ぎりぎりって所でしょう。
集めた、がんばった→脳内麻薬ぽわーん…
忘れられなくてまた集めてがんばってぽわーん…

脳内麻薬、「麻薬」って言葉面が危険ぽくみえるけど、
生命活動の一部で、分泌されて当たり前のものなんだよ。


472 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:04/08/04 15:03
ジョギングの創始者は”中毒”になって足を挫いても走り続けたらしい。
結局、その無理がたたって死亡したとか。

オレもそこまではいかないけど、筋トレにはまっていた時、
睡眠時間を削ってでもやってたことがある。
ワークアウトしないとある種の不安感が襲ってくるんだ。


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...