ホーム » スレ別 » 後味の悪い話 その19 » 押忍!!空手部/赤松剛鬼のエピソード(高橋幸二)

553 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:04/08/10 00:09
漫画「押忍!!空手部」の後半で主人公高木の腹違いの兄ちゃんのエピソード。
小学校から普通にタダイマーと帰ると、母親は父親の不倫で狂って?新興宗教にはまってて
「あの人が私の元に帰ってきてくれますように…。」って願掛けやってて相手にしてくんない。
父親(政治家)も仕事に夢中。

で、家庭教師の中国拳法のセンセイに凍った池に突き落とされて
命乞いしながら泣きついたら
「お前も可愛そうな奴だ…でも、がんばったら親も相手にしてくれるかもしれんぞ。」
で、兄ちゃんは勉強もスポーツもがんばって、大学入って「親父ーっやったぞー!」と
なんかの報告に父の書斎に行くんだが、父は腹違いの弟である高木の成長報告の電話を受けて
「はーっはは、そうかそうか。」と夢中で笑っている。
それが自分が一度も見たことがない「父親の」顔だと気付いて、兄ちゃんが
「あ、あああ、あ…。」と、涙を流して絶望する。

正直、後半はストーリーが暴走しまくってわけ分からんかったけど、なんか切ない。


555 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:04/08/10 00:42
>>553
あれは絶対途中でストーリー変更したと思う、最初の極悪赤松総理の方が良かった。

 

押忍!!空手部 全43巻完結(ヤング・ジャンプ・コミックス・スペシャル) [マーケットプレイス コミックセット]
押忍!!空手部 全43巻完結
(ヤング・ジャンプ・コミックス・スペシャル)
[マーケットプレイス コミックセット]


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...