ホーム » 小説 » その他書籍 » 日本残酷物語/貧しき人々のむれ

382 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:04/09/26 16:16:50
ふと思い出した後味の悪い話。
「日本残酷物語」という、民俗学系統の本に載っていた実話。

明治以降も、乞食に対する対策は放置されていた。
しかし、彼らがからくも生き延びられたのは、昔の村々では、
本日ほど乞食を忌み嫌わず、村の成員として恵み物を絶やさなかったからである。

ある村で、女乞食がしきりに苛められるのに義憤を感じた若者が
これを庇い止めると、女乞食はそれを喜ばなかった。
苛めたりからかったりするのは、憎んでの事ではなく、愛しての事だと。
そうされる事により、怒ったり泣いたりのリアクションを取るのも一つの演出で、
人々はそれにより、彼女を意識し、食べ物を与えた。
ところが女乞食苛めが止んでしまうと、村人は彼女を意識しなくなり
食べ物も恵まなくなったのである。

この話を読んだ時は、やりきれなかったな・・・。

 

日本残酷物語〈1〉貧しき人々のむれ (平凡社ライブラリー)
日本残酷物語〈1〉貧しき人々のむれ
(平凡社ライブラリー)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...