ホーム » 体験談 » DQN » 虐待を忘れた父

539 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:04/11/11 23:59:25
自分も父親に理不尽な理由(健康だから憎い、病気して寝てたら昼間から寝て自堕落だとか屑だとか)で
殴る蹴るの暴力、色々な罵倒をされてて本当にひどかった。
いつも自分が死ぬか何か起こって父親が死なないものかとばかり考えてた。
母親と自分が離婚して欲しいといっても聞き入れず
(粘着質なので逃げたら母の実家に何をするかわからなかったので逃げることもできなかった)、
父方の親戚もいくら暴力がひどいといっても半信半疑でどうにもならなかった。
また、家にお金を入れないくせに職場や周りで問題ばかり起こすので、
母親も仕事と家事と父親の尻拭いでいっぱいいっぱいだった。

ところが、2~3年前に頭というか精神病の一種で長期療養することになり、
やっとのことで離れて暮らすことができた。
今では父とはたまに電話で話す位だが、薬の副作用かなにかで自分がやった虐待など
都合の悪いことは本当に全て忘れていて、一緒に暮らしていた頃は
自分のことを本当に思いやりのあるいい父親だったと思っているらしい。
母も自分もまた機嫌を損ねて病院脱走されたら最後なので
いい妻・子を演じているが、父にされたことは忘れられない。
(暴力は慣れるけど、言葉はトラウマ)
 
そんな中で、いつも父は早く家族一緒に暮らしたい、自分も母もその方が幸せだと信じている。


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...