ホーム » スレ別 » 後味の悪い話 その23 » ベイビー・オブ・マコン

516 名前:劇中劇1/2 投稿日:05/02/16 15:47:37
イタリアの中世?の映画(舞台がイタリアなだけだっかも)。
劇中劇のお話で、その劇のあらすじは

とある娘があまり人前に出られない身分の誰か(親戚だったかな)の
生んだ赤ん坊を自分の子と偽り、
更に自分は処女懐胎でその子を生んだのだとオオボラ吹いて
贅沢三昧やりたい放題を始める。
しかしその赤ん坊はなんかしらんが変な力を持ってるらしく、
その娘の嘘を指摘したり精神的に追いつめてゆく。
耐えきれなくなった娘は勢い余ってその子を殺してしまう。
真実を知らず、神の子の再臨と信じて疑わない人々の手により
その子の体は解体されてしまい、娘は当然裁判にかけられるが、
「処女の犯罪(殺人)は無罪」とかいう法律を盾に
自分はその子の母親ではないし、ホントに処女だから(これは本当)と
弁明し逃れようとする。
だが、ようわからん理屈で沢山の男にレイプされ、
それが原因で死んでしまったが、同時に罪も赦された事になり、
天に召されましたよかったねでジ・エンド。

ここまではいい。ありがちな話だし。


517 名前:劇中劇2/2 投稿日:05/02/16 15:51:41
問題は、これらを演者が本当に実行している事。

劇を鑑賞している偉いお役人が、自分も出せとか
こうしろとか指示し始めておかしくなっていく訳ですが、
劇と現実の境目を不確かにする演出がかなりきました。
役者控え室のシーンもあるけれどセットの中か楽屋か判然としないし。

行列作って赤ん坊を切り取っていく人達(誰も咎めない)や、
嘘つき娘は劇中でも現実でも本当に処女なのに行列作った男達に
次々に犯されていくとか、もう大変なありさま。
ラストシーンは出演者のカーテンコールでしたが、
彼らの満面の笑みが最高に後味の悪さを強調、かつ怖かった。

あんまりな映画だったのでタイトルも監督も見ない様にしました。
有名な映画なのかなー。
舞台のセットが面白かったので我慢して最後まで見たけれど、
結局後味の悪さが勝って何一つ参考にならんかったです。


519 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:05/02/16 16:16:15
>516-517 
ビーター・グリーナウェイの「ベイビー・オブ・マコン」。
1659年のイタリアが舞台で主役の娘はジュリアオーモンド。
ラストは、カメラが舞台から観客席に引いてくに従って
役者→まわりでちょろちょろしてた観客→上段でただ見ていた観客 って
全員がカメラ側に向かってお辞儀してくるので
映画見てる自分にお辞儀されてるような感じで終わる。
自分は面白くて奇麗で大好き。

520 名前:516-517 投稿日:05/02/16 16:31:50
>518-519
情報ありがとうございます。
取り敢えず気にはなっていたのですが
軽くトラウマにもなってたので二の足踏み続けておりました。

とにかく凄いセットと衣装だなと軽い気持ちで見始めたら・・・
地獄絵図・・・il||li_| ̄|○ il||li

 

THE BABY OF MACON ベイビー・オブ・マコン [VHS]
THE BABY OF MACON
ベイビー・オブ・マコン [VHS]


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...