ホーム » スレ別 » 後味の悪い話 その23 » 知人の不審死

841 名前:820 投稿日:05/02/28 19:34:27
昔、俺が二十歳過ぎの頃、近所の飲食店でバイトしていた青年と仲良くなった。
気さくな人柄だったので、出前する近所の商店では人気者だった。
事情があって高校を出ておらず、15・6からその店で働いていた。
ある日道端で会うと、通信制の高校に入学した、と嬉しそうに話す。
「でも英語が全然判んなくてさ。にいちゃん(俺のこと)今度教えてくれる?」
と言うので快く了承し、別れた。
しばらく見かけないと思っていたら、亡くなったと聞かされた。
死因や状況を詳しく書くことができない(非常に特殊な状況だったので)が、
自殺とも他殺ともとれる状況でまだ息のあるうちに通行人に発見され、
搬送された病院に駆けつけた両親に一言侘びを言って亡くなったらしい。
事情を聞く間もなく無くなったが、警察は、辞世の侘びがあった点などから
早い段階で自殺と断定。

我々近所の知人達は納得行かなかったが、何も出来ないし、
正直何かをしてやれるほどの親しさでもなかった。


842 名前:820 投稿日:05/02/28 19:36:31
つづき

しばらくして、その青年の両親が菓子折りを持って「お礼」にやってきた。
どうやら、死因に納得行かず、時間を作っては田舎から出てきて
近隣に話を聞いて歩いているらしい。
しかし、何故俺の名を知っていたのか、
何故「礼」を言ってくれるのか、不思議だったので、尋ねてみた。
青年は、生前、実家に帰省した折に、近所に優しくしてくれるにいちゃんが居る、
仕事で外人さんとかと喋っててすごいんだ、今度勉強を教えてくれるって約束した、
と語っていたらしい。両親は、そのとき耳にした俺の名前(ちょっと珍しい)を
たよりに、俺を探し、生前の礼を述べに来てくれたのだった。

俺は居たたまれなかった。あのとき、適当な口約束だけでなく、
すぐに時間を作って話を聞いてやれば何か相談に乗ってやれたかも知れないとも思ったし、
何よりも、正直それ程親身になってやっていた自覚が無かった俺を、
わざわざ両親に報告するほど慕っていてくれたことが凄く辛かった。
息子の死をうまく受け入れられず、どうしたらよいかも判らず、
取り合えず近所の出前先の知人達に一軒一軒挨拶に回っている両親に、
どう声をかけてやっていいか全く判らない、歯がゆかった。

かてて加えて、両親の訪問を受けて、「絶対に原因を突き止めてやる」
と息巻いていた周辺の人間も、何時の間にやら徐々に事件を
忘れていくことも、ぞっとしないものがあった。

人間の死という出来事は、自分が想像しているものよりも淡々としていて、
驚いたり、悲しんだりするよりも、「どうしてよいか判らない」みたいな
漠然としたどんよりとしたやりきれなさを残すものだ、としみじみと感じた。

亡くなった原因に関しては、これも別次元で極めて後味の悪い
噂を聞いたが、それはまた別なお話。


843 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:05/02/28 19:46:38
>亡くなった原因に関しては、これも別次元で極めて後味の悪い
>噂を聞いたが、それはまた別なお話。

それを言わないんじゃ蛇の生殺しですよ!


844 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:05/02/28 19:51:03
お詫びに後味悪い話って!!と思ってワロタが、本当に後味悪くてブルーに。
特に、
>かてて加えて、両親の訪問を受けて、「絶対に原因を突き止めてやる」
>と息巻いていた周辺の人間も、何時の間にやら徐々に事件を
>忘れていくことも、ぞっとしないものがあった。
この辺が。
当然と言えば当然なんだけど、人の死でもやっぱりそういう風に消えるんだよね。
両親はその時の励ましが嬉しかったのか、その後の消えゆく様が悲しかったのか
あるいはその両方か…とか考えるとやりきれないね。
一時的な感情はあったほうがいいのか、それとも最初から出来もしない偽善を語らない方がいいのか。

>>843
極稀な事件だから、特定されかねないって事で言わないんじゃ?
ここでバラしてご両親に変な事あったら、
また「後味悪い」じゃなくて「激しく不愉快」になってしまう。


847 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:05/02/28 20:08:16
>>842
ちょっとウルッときた

849 名前:820 投稿日:05/02/28 20:35:03
>>843 スマソ。
でも、その話は後味よりも、胸糞悪い、だったので・・・。
現代社会とは、上岡局長が言ったとおり、複雑に絡み合っていると思った也。
>>844
お気遣い有難う御座います。でも一応自分の記憶を整理する意味でも書いてみたい。
ディティールは誤魔化しつつ書くので、犯人探しの憶測とかはしないでください。
推測しようもない話だし、できないように、聞いた事象だけを羅列します。

青年は気が弱く、様々な高額商品を、ローンを組んで買わされていた
(20未満なので親が保証人だったので、両親も知ってはいた)らしい。
外出といえば岡持ち持って出前、という青年が、何故か近所の高級ブティックで
スーツを何着も買っていた。
地元でも評判極悪の自己啓発セミナーに入会しており、高額の契約をしていた
(ちなみに当時の俺の雇い主も入会しており、同じ担当者=営業マンが憑いていた)。
帰省の際は頻繁に両親に金の無心をしており、理由は聞いても言わない。
自称「友人」という柄の悪い連中が絶えず夜間に呼び出して、連れ歩かれていた。
見た目も実年齢も未成年で、飲み屋にも入れないのに連日深夜にどこに行っていたのか。
高校にも行っていない、住み込みのバイトで、どうやって知り合った友人なのか。
事件当日も何者かに呼び出されたらしいメモがあった。


850 名前:820 投稿日:05/02/28 20:37:08
つづき

現場は下宿から20キロ離れた人里離れた駐車場、高速を通らなければかなり遠回りする。
寒い時期の深夜にぽんこつの原チャリで行けるか?わざわざ行った理由は?
何故そこを選んだ?本当に一人で行ったのか?
現場付近の海岸で複数人の若者が揉めている姿を目撃した人物が、
かなり後になって偶然見つかった(本当にその晩だったか、関係ある事件だったかも不明)。
セミナーの担当者は、遺品整理中に名刺を見つけた両親が電話をすると、
飛んできて霊前で号泣、仕事を超えた友人関係だった、親友だったと切々と語り、
ローンの残債は自分が立て替えるので心配しないでくれ、と話した(本来亡くなれば自動的に免責では?)。
良い人だ、と思った両親が数日後改めて例を言うために担当者の自宅に電話すると、繋がらない。
セミナー会社に電話すると、もう辞めたと言う。連絡先は知らないとのこと。
仕方なく、だめもとで、聞いていた自宅アパートを訪ねると引っ越したあとだった。
アパートの管理会社に訪ねても転居先は不明(教えてくれなかった?)。
翌月、その担当はまだ地元におり、他社で似た仕事をしているらしいことを聞いた。
その後、前出のブティックは予告も張り紙も無く急に移転。移転先を探し出して行くと経営者が変わっている。
どこまでが事実で、なにが影響しているか、まったく判らない。
これ以外にももっとなにかがあったかも知れない。
ここまで知っているのは(色々聞き込んだのは)、両親+俺だけだと思う。
でも事態は何も変わらなかった。
こうやってウヤムヤのうちに真実が拡散していく事件が、世の中には沢山あるのだろう。

青年の勤め先は、今も普通に出前をしてくれる。
経営者と会っても、どちらからも青年の話題は出さないようにしている。
彼を忘れることは無いと思うけど、俺に出来るのはそれだけだ。


851 名前:820 投稿日:05/02/28 20:48:24
追記。これで最後。

数年が経って、近隣の人物と、偶然、話の流れで青年の話題が出た。
みな、悲しい自殺だった、いいコだったのにね、とだけ記憶していた。
当時、すべてが謎だらけで全員が不審に思い心配していたのだが、
時間が経つと記憶の中で複雑なディティールは単純化され、
不穏なポイントは全て消えて、理解しやすい形に変化していた。
覚えてはいても、当時の臨場感が無くなれば、
記憶しやすい形の事件になってしまうようだ。
俺の中では結論がでないまま。
後味は、いつまでたっても良くないまま。


853 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:05/02/28 20:58:37
>>820
何というか・・・
辛い事件を思い出させたみたいでスマソかった。

きちんと解決する事件なんてのは、ほんの一握りかも知れんね。
やはり何度も言われてるように一番怖いのは人間だな。


854 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:05/02/28 21:01:03
>青年は気が弱く、様々な高額商品を、ローンを組んで買わされていた
>(20未満なので親が保証人だったので、両親も知ってはいた)らしい。
これ読んで、まったくもって同情できなくなった。
別の意味で後味が悪い。

856 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:05/02/28 21:10:59
>>854
人が善いと思われるけど、それは世間では馬鹿と思われる
親も高校に行かせなかったのか行かせてやれなかったのか
行かなかったのかわからないけど
子供の頃のままの人間関係、知恵で社会とか世間とか渡るのは厳しいべ

悪知恵まわって機転がきくタイプならともかく
妙に無邪気そうだし


859 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:05/02/28 21:34:43
騙されたり気が弱くて断れなくて・・って「あ~馬鹿だな」と思うが
それで自殺や一家離散等までなると
なんと言うかこう世間知らずの田舎者の哀れさを感じる
「自己責任」で切り捨てるのも簡単だけどね

861 名前:820 投稿日:05/02/28 22:03:02
仰るとおり、両親はあらゆる意味での田舎モノ、という人達だった。
良い意味でも、ね。今時珍しい感じの子供思いの夫婦だった。
いじめで高校へ通えなかった息子を、家業を継がせるために
都会の同業者のところへ修行に行かせる以上の発想がなかったんだろう。
ローンの件も、最初は詳細を知らされず了承していたそうだけど、
度重なってきて、後半は断っていた。どうも、店の人間が、スタッフを
親だと偽って電話承認を通していた(当時は結構イイカゲンだった)らしい。
金の無心も、一体ナニに使うのかと何度も問い詰めたが、
それは言えないの一点張りで、何かのトラブルに巻き込まれているのでは
と不安に思ったが如何したら良いか判らず、かなり悩んでいたと言っていた。
法律も経済も都会の恐ろしさも、知らないし、知る必要も無いくらい
平和な人生を送ってきた家庭だったんだろうと思う。

こういったところにも、我々余人が及びも付かない深い事情が
あったろうと思ってる。そういった経験を沢山してきたので、
周りで不幸な出来事があっても、簡単には断罪しないように心がけている。
だからこそ、自分に非が無い難儀な出来事に遭遇しても、何らかの後味の悪さを
必ず味わってしまう。


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...