ホーム » スレ別 » 後味の悪い話 その26 » アヴェロンの野生児

156 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2005/05/07(土) 00:30:20
フランスの野生児のビクトールもそんな感じだったな。
人間が知能を先天的に持つか、後天的に持つのかの実験で
教育が行われたが普通の人間並みの知能まではいたらなくて
「たんなるウスノロ」と言われて実験終了。
結論は、まあ実験体が一人だからはっきりしたことは言えんが
場合によっては生まれた時から教育しないと知能が発達しない事もある、
というやたら曖昧な結果に終わる。
その後ビクトールは庭仕事とかしながら孤独に死んだ。

159 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2005/05/07(土) 01:55:56
>>156
ビクトールの話は、児童心理学の教科書でも読んだ。
胎児のうちから言葉を聞き、話しかけられるのがいかに大切か、
ということを証明する例として、
ダメだった方のサンプルとして取り上げられてたな。
「ついに言葉を習得することはなかった」というクールな描写だった。

 

野生児の記録 7 新訳アヴェロンの野生児
野生児の記録 7
新訳アヴェロンの野生児
アヴェロンの野生児―禁じられた実験
アヴェロンの野生児
禁じられた実験


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...