ホーム » 小説 » 小説/タイトル不明 » 法月綸太郎の作品(週刊ストーリーランド/第5回「時効成立」)

616 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2005/05/14(土) 14:31:53
法月綸太郎の作品に、宝くじを当てた家族が殺されるのがあったよね。

628 名前:616ネタバレあり 投稿日:2005/05/14(土) 16:40:50
お話紹介。
実はこの作品集、読みかけの時に置き引きにあって、
財布もろとも本盗まれた。思い出とともに後味悪い。

真面目で実績もあり、部下の信望も厚い警部(確か)がいる。
彼の職歴には、ひとつだけ未解決の事件があった。
それが、宝くじが当たって喜んでる最中に殺された家族の事件。
盗まれた金も出て来ていない。もうすぐ時効になる。
心残りを語っている所へ、一人の青年が訪ねてくる。
殺された一家の生き残った少年が成長したのだ。あいさつを交わす二人。
おだやかに話が進む。
だがだんだん、青年は当時の警部の捜査の矛盾などをついてくる。
除々に緊迫してくる会話。警部の様子がおかしくなってくる。
クライマックス。殺人犯は、警部だった。
その頃、警部は家にも帰れないほど多忙を極め、
自分の家庭がどん底の不幸を迎えていた真っ最中だった。
ふと、くじで当たった金を囲んで喜んでる一家を見かけ、
俺が人のために働いてこんなに不幸になってるのにこいつらは!
と思い、自分が止められなくなってしまったのだ。
警部はもうすぐ定年のはずだった。ゆっくりした老後と
たっぷりの資金、楽しいバカンスが待っているはずだった。
何十年も危険を顧みず働き、手に入れていた人望と名誉。
最終ラウンドで、彼はその全てを失ったのだった。


632 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2005/05/14(土) 17:30:26
>>628
週間ストーリランドでアニメ化されてましたね。原作はそれか・・・

「俺は命をかけて500円、あいつらは運が良いだけで一億円・・・」
というセリフが心に残ってる。


633 名前:628 投稿日:2005/05/14(土) 17:55:30
>>632
あ、見てないけどたぶんソレ。
ノリリンのミステリーは、「悩める青年作家」の異名通り、
つらくて後味悪いモノが多いよね。
さっぱりオシャレな都会派を気取る事もあるけど、
鬱系の作品が本来のこの人のスタイルだと思ふ。

後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...