ホーム » スレ別 » 後味の悪い話 その32 » うしおととら/おまえは其処で乾いてゆけ

534 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2005/09/07(水) 18:25:54
うしおととらだったら、皮をはぐ猿の話が後味悪いというか切なかった。
人間の皮をはいでかぶって、自分が人間になりたかったんだけど、
そもそもなんでそうしたかったか忘れちゃってて…ってやつ。

実は狙っていた子供?の母親と小さいころに仲良しで、
彼女と仲良くなるために?人間になりたかった。
でもそれを忘れてんの。うしおたちに退治されるときには
「なんで皮はいでたんだっけ?」とかいって、串刺しかなんかにされて終わり。


567 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2005/09/08(木) 13:45:39
>>534
狒狒の変化の話だね、主人公の泊まった旅館のおかみは子供の頃に狒狒と交流が有り、
鈴をあげたりして「狒狒が人の皮を剥ぐのは自分のせいだ」と苦悩していたが
当の狒狒は「ああお前あの時の娘か、でも俺が人殺すのは楽しいからだよヒャッハー」とか言ってた気がする
故に主人公も狒狒を殺すのには情けかけなかった筈。
まあ死に際に「何でこんなことしてんだっけ?」って思いながら死ぬのはちょっと遅いよな。

余談だが「お前はそこでかわいてゆけ」というキメ台詞を最初に決めて、それに繋がる話を作って行ったとは作者の談

 

うしおととら (7) (少年サンデーコミックス)
うしおととら (7)
(少年サンデーコミックス)
うしおととら 全巻セット (小学館文庫)
うしおととら 全巻セット
(小学館文庫)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...