ホーム » 小説 » 小説/さ行 » 三国志演義(井波律子)

734 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2005/09/12(月) 01:21:36
例えば中国の、誰だったか有名らしい武将の逸話がある。
とある貧乏な家に、その将軍が立ち寄った。
その家の主人である男は、日本でいうところの足軽みたいなもの。
で、その家には武将をもてなすだけのお金がない。
男は、愛する妻を殺してその肉を武将にふるまった。
武将は痛く感激して、男を召抱えて取り立てた…

735 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2005/09/12(月) 01:28:42
せっかく召使いを殺してもてなしたのに、
「真の英雄は人肉は食べない」とかって理由で、
料理食うのを断られた話もあったような。
召使い、まるで死に損!

737 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2005/09/12(月) 01:38:55
>>734
それは三国志の劉備だね。
中国では食人はタブー視されてなかったらしいね、ずいぶん最近まで。
その劉備の話も「美談」とされてるし。
あとでその話を聞いた曹操もいい話だって涙したとか。

まぁ後味悪いっていうかなんていうか……

 

三国志演義〈1〉 (ちくま文庫)
三国志演義〈1〉
(ちくま文庫)(全7巻)
三国志演義 全7巻セット (ちくま文庫)
三国志演義 全7巻セット
(ちくま文庫)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...