ホーム » スレ別 » 後味の悪い話 その32 » 動物虐待遊び

992 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2005/09/15(木) 14:20:21
では実体験から

小学校4ー6年の頃よく遊んだ川がある、田舎なので山の渓流が人里に達した様な所によくある、
川の両岸をコンクリのブロックで固めた結構大きな川。
大雨で増水でもしない限り川の中は砂利の中洲ができて、
チャリンコで強行突破したりして遊べるような感じだ。
小学校高学年になった辺りから俺たちは小遣いで安い肉買って、
そこらのトタン板拾ってきて焼肉したりキャンプもどきの遊びしてた。
ある時友人の一人が川の中洲にイタチが居るのを見付けた、
犬猫ならまだしもイタチは田舎でも珍しく、俺たちも興奮して追っかけまわしてしまった。
が、やはりイタチは素早くコンクリの壁に埋め込まれている直径10cmくらいの配水管に逃げ込んでしまった。
俺と友人たちは悪乗りして、中に石を投げ込んでやった。
「中見てみようぜ」友人の一人が中を覗き込んむ

中にはこっちを向いて威嚇する先ほどのイタチ
そしてその周りには俺たちが投げ込んだ石によって撲殺された血まみれの仔イタチが4匹程

皆自分たちが場の空気に調子に乗って、どれ程残虐な事をしたかやっと理解して無言になった
思えばアレ以降動物(昆虫等)虐待系の遊びはしなくなったなあ。


993 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2005/09/15(木) 15:18:00
その「アレ以来」がイタチ相手でまだ良かった方だな…
少年犯罪がどうとか騒がれてるけど
ただ単にそれを人間相手にやらかしただけというパターンも少なからずあるんじゃないかな
童話の「豚殺こっこ」とか、無邪気に殺すってのは救いが無くてゾクゾクするね

後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...