ホーム » スレ別 » 後味の悪い話 その35 » カルネアデス計画(星野之宣)

229 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2005/10/18(火) 20:35:11
星野之宣の初期の読み切りに「カルネデアスの舟板」てのがあって、
学生だった自分は結構落ち込んだ。

海で幸せな時を過ごす恋人たち。ふたりは沖に出るのだが、
突然の嵐で流されてしまう。気づくと青年のほうの足はボートの挟まれ、海からあがれない状態。
女性は助けようとする女だが、うまくはずれない。
血の臭いをかいでサメが集まってくる。このままでは、二人ともやられる。
その時、女はオールを振り上げ、青年を叩きつぶそうとする。彼がサメに食われてしまえば、
自分は助かると思ったからだ。青年は、彼女を愛している事、嵐の中でかばった事など訴えるが、
必死の彼女には届かない。彼女にアタマを割られ、血まみれの青年はサメにバラバラにされて食われ、
顔に血のシブキをあび、ぼんやりとする彼女。
と、上空から近づく宇宙艇。艇は海から彼女をすくい上げて飛んでいく。
収納された艇の中で、気が付く女。そこには、自分たちと同じ姿だが、
見慣れぬスーツを来て、メカにかこまれた人々がいた。
彼女は、その中に自分にそっくりの女がいるのに気づく。さらに、殺したばかりの彼が、
驚いた顔で自分を見つめていた。
「キャアアアア!!」彼女の叫びとともに、今までいた地球が、宇宙の彼方で粉みじんになった。


231 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2005/10/18(火) 20:38:29
彼らは、その地球と同時に存在する平行宇宙の地球から来た人々だった。
時空のゆがみ(だか何だか)で2つの地球が衝突する事が解り、科学の発達していた彼らは
相手の地球を破壊する事で、自分たちを助けることに決めたのだ。
助けのない海で2人の人間が溺れていて、板きれがたった1枚あった時、
自分の命が助かるためには、もうひとりを殺してもかまわない。
古代「カルネデアスの舟板」と呼ばれたこの論理は、現代においても、
正当防衛など緊急の際の手段として生きているのである。
破壊直前に、ひとりでも救出しようとしたのは、せめてもの良心だった。
だがさすがは平行宇宙。海で遭難した男女と、まったくそっくりの男女が存在し、
彼らはやはり恋人同士。しかも優秀なクルーとして、この艇に乗っていたのだった。

地球に、無事もう一つの地球を破壊したことを報告する青年。
目の前には、恋人の女性と、彼女にそっくりの水着の女性。
「ひとりだけ救出しましたが……ダメです。完全に発狂しました……」
水着の女性のうつろな目は、すでに何も見ていなかった…。

星野之宣って美大出てるとかで、なまじ絵が上手いからさー。
暗い話にごまかしようがなくて、かなり鬱。

 

はるかなる朝 (MF文庫)
はるかなる朝 (MF文庫)
THE DISTANT DAWN はるかなる朝 (ビッグ コミックス〔スペシャル〕)
THE DISTANT DAWN
はるかなる朝
(ビッグ コミックス〔スペシャル〕)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...