ホーム » 小説 » 児童文学・絵本・昔話 » 三すくみ

215 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2005/11/25(金) 00:51:54
古い童話で後味悪いのを。
小学校に入る前に読んで、大ショックだった。

ひとつはナメクジがヘビを食べた話。
ヘビはナメクジの這ったあとのぬるぬるに触れると体が腐ってしまう。
ナメクジはある時とぐろを巻いて眠っているヘビを見つけて、そのとぐろぎりぎりに輪を描いて這う。
ヘビ、目が覚めてびっくりして障らないようにとぐろを縮める。
ナメクジ、さらに輪を縮めて這う。
その繰り返して、しまいにヘビは直立状態になり、苦しさのあまり涙を流し、
終いに死んでしまう。
その死骸にキノコが生えて、ナメクジはキノコの汁をおいしく吸いましたとさ。


225 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2005/11/25(金) 06:14:31
>>215
ずいぶん象徴的でエロチックな感じだね。
日本の民話の研究書で、「他に例を見ない」タイプとして、こんなのを知ってる。
ある猟師が山で迷い、歩き回っていると空き地に出た。
そこには、一匹の蛇がいたが、何と尾の先で地面に直立して立っており、
苦しそうにふるえていた。
そしてその回りには、5匹のかたつむりが、輪を作ってゆっくり地面を這っていた。
猟師はしばらく眺めていたが、突如ものすごい恐怖に襲われた。
どこをどう走ったかも判らないまま、命からがら逃げ帰り、
ようやく家にたどり着いたが、それから数日、高熱にうなされたそうだ。

自分は、何か怪しい教団の性的な儀式でも見たんではないかと思ってる。
類型の報告は初めて聞いたよ。貴重な話、ありがとう。


230 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2005/11/25(金) 11:36:04
三すくみを思い出した。
蛇はカエルに強く、カエルはナメクジに強く、ナメクジは蛇に強いってやつ。

何で蛇よりナメクジが強いのか意味が分からなかったけど、
こういう話から来たのかな。


234 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2005/11/25(金) 12:45:39
『関尹子』という中国の古典の中の
「螂蛆食蛇、蛇食蛙、蛙食螂蛆、互相食也」という文章が元ネタらしい。

ここでいう螂蛆はムカデのことらしいんだけど、
「ヘビに噛まれたときはナメクジをすりつぶしたものを塗ると効く」という俗信と混同されて、現在の3すくみになったとか。

ムカデが本当にヘビを食うのかどうかは知らないが、
ヘビの神とムカデの神が争ったり、それでヘビが人間に助けを求めたりする昔話は各地に残っている。


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...