ホーム » テレビ » ドラマ/ら行 » ロアルド・ダール劇場 予期せぬ出来事/第6話「首」

756 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2005/12/07(水) 04:24:33
CSってば、「ロアルド・ダール劇場」ってショートブラック・ミステリーのシリーズで、
先週やってたやつが後味悪かった。

大金持ちだが、超仲の悪い夫婦がいる。夫は芸術品コレクター、妻は派手な遊び好き。
妻には愛人がおり隠さない。アートに興味がなく、夫を完全にさげすんでいる。
そんな夫婦が、お互いの友人を招いて週末にパーティーを開く。
庭には、購入したばかりの新しい彫刻がある。最近夫が天文学的な大枚はたいて買ったもの。
木彫りなんだが、何というか前衛的な、ゆがんだ板に穴があいてるような形で、
ちょうど扉くらいの大きさ。夫の知人の美術評論家などは、ベタ誉めの傑作。
さて週末、妻は愛人もいるのに若い客にちょっかいだしたり、
ディナーのとき客全員の前で夫を口汚くののしったりして、やりたい放題。
夫はおとなしく黙っているが不快そう。おとなしい感じの執事も女あるじを嫌ってる様子。
翌日は、広い庭でそれぞれが好きに過ごすことになった。
妻と愛人はふざけて、夫のご執心の彫刻に頭を突っ込んだりして遊んでいる。
ところが、穴に突っ込んだ妻の頭が抜けなくなる。耳が引っかかったらしい。
客全員集まって大騒ぎとなるが、押しても引っ張っても角度変えても抜けない。
ちょうど、垂直に立ったまま、首だけが板を突抜けた格好で、姿勢的にも苦しそう。
夫は嫌がる妻の顔や頭に、グリースをぬりまくって滑りを良くしようとするが失敗。
救急隊を呼ぼうとするが、妻は絶対に他人など呼ぶなという。
愛人や妻は、彫刻を壊すよう主張。夫や評論家は、少し渋る。
「私と彫刻とどっちが大事なの?」しばし後、決意したような夫。
様子を見ていた執事が、静かに道具を持ってくる。ワゴンの上には、斧、ノコギリ、ナイフなど。
「どれになさいますか?」と執事。
「引っかかってるのは、耳だな?」と、斧を選ぶ夫。
「そうよ、早くやって!」と言った妻の顔が、はっと引きつる。
見上げると、目の前に、斧をふりあげた夫……。

で、終わり。結局夫がどっちをどうしたのか、見せずに終わってる。
妻は、容赦なくイヤーな女に描かれてはいるんだが……
気になる!面白かったんだが、ラストが気になって後味悪い。


757 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2005/12/07(水) 04:31:48
ナイフを選んだら耳
ノコギリを選んだら彫刻
ってことじゃないか?
だから斧は

760 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2005/12/07(水) 05:58:46
くびちょんぱ!?

763 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2005/12/07(水) 06:55:50
いや、向きからして頭を縦にカチ割ったんじゃ?

766 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2005/12/07(水) 16:08:18
>>756
原作では確か
すわ、奥さんの首チョンパか、と皆が固唾を飲んでいると
「おいおいこんなもん持ってきて危ないだろー。」とかなんとか
執事に言って終わりだったような記憶。

 

予期せぬ出来事 3枚組BOX [DVD]  JVDD1157
予期せぬ出来事
3枚組BOX [DVD]


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...