ホーム » 小説 » 児童文学・絵本・昔話 » ウサギどん、キツネどん(ジョーエル・チャンドラー ハリス)

8 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/01/21(土) 00:46:59
児童書「ウサギどん、キツネどん」
冒頭はウサギとキツネの様々な知恵比べ、結局キツネは利口者のウサギに
常に一杯食わされ痛い思いをさせられる……かと思いきや、ラストは
キツネどんの母親をウサギどんが騙して殺して料理したあげく、
キツネどんに食べさせてしまう。(逆だったかもしれない)
あまりの後味の悪さに子供心にも微妙な気分になりました。

ちなみにこれは鼠王国の水飛沫山(要英訳)の元になってる話。
鼠王国でこのアトラクションに乗るたびに微妙な気分に……w

 

ウサギどんキツネどん―リーマスじいやのした話 (岩波少年文庫 (1003))
ウサギどんキツネどん
リーマスじいやのした話
(岩波少年文庫 (1003))


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...