ホーム » スレ別 » 後味の悪い話 その40 » ザ・チャイルド

55 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/01/21(土) 21:02:27
似たような映画を見たことがある。

小さな島で殺人事件が発生。どうしても犯人が見つからない。
小さな島で住人の数も少ない。しかし、大人たちにはアリバイがある。
そして、再び起きる殺人。誰か島に殺人鬼がいる。島から出て行こうとする人も出てくるが、
事件の捜査のために島から出て行く事は許されない。

島に捜査にやって来た人たちにも殺人者はわからない。
しかし、その島のある男が気付く。子供たちが集団で大人を一人ずつ殺しているのではないか。
その考えをある大人に話したら、子供がそんな事をするはずがない、
そんなことを考えるなんて酷い大人だ。
動揺する子供たちを守ってやるのが大人だろう、と責められる。

結局、大人たちは巧妙に子供たちに殺されていく。
殺人の理由が全く語られないまま、無表情に大人を殺していく子供たち。
捜査のために島の外からやって来た人も殺される。
子供たちが殺人を犯していたと気付き最後の大人が舟で逃げようとする。
その舟に無表情に乗り込んでくる子供たち。
「大人はおじさんしか残ってないよ。おじさんが殺人犯にされるよ」
初めて笑顔を見せる子供たち。「おじさんは殺人犯」

愕然とする大人。遠くに舟が近づいてくるのが見える。
殺された捜査の人は、死ぬまえに助けを求める電話をしていた。
その電話で新たに捜査のために島にやってきた人たちをのせた舟。
嬉しそうな子供たち。舟が近づいて顔を見合わせ笑いあった後で舟から飛び出し、
泣き叫びながら「助けて」「殺される」と近づく舟に向かっていく所で終わり。

……子供は実は怖いんだよ、という意味の映画だったんだろうか。


57 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/01/21(土) 21:15:52
>>55
似たような映画のラストシーンだけ見たことがある。
主人公夫婦(奥さんは妊娠している)が隠れているんだけど、胎児が子宮の中から母親を殺害。
夫が泣きながら船に乗って逃げようとするのだけど、ガキどもともみ合いになる。
ちょうどそこに、船に乗って保安官だか警官が来る。
夫が「こいつらが殺したんだー!」と絶叫するが、
保安官の目には男が子供を痛めつけているとしか見えず、射殺してしまう。
保安官が島での惨劇を検分していると、子供たちは部下に「銃を見せて」とねだり、受け取って保安官たちを射殺。
子供たちの第一陣が船に乗り、
「(島の)外の子供たちにも教えてやろうぜ」
「面白くなるぞ」
で終わり。

59 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/01/21(土) 21:57:51
>胎児が子宮の中から母親を殺害。
ばかやろう、キーボードがコーヒーまみれになったじゃないかw

61 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/01/21(土) 22:10:44
>>57
たぶん70年代に公開された「ザ・チャイルド」って映画だと思う。
冒頭に現在までの歴史の中でいかに子供が大人の犠牲になってきたかという
ナレーションと映像が流れるの、戦争とか虐殺とかの。
子供たちの逆襲というかなんかそんな感じの恐怖映画。
主人公は何も悪いことしてないので確かに後味悪かった。

 

ザ・チャイルド <30周年特別版>
ザ・チャイルド <30周年特別版>
ザ・チャイルド
ザ・チャイルド


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...