ホーム » 小説 » 児童文学・絵本・昔話 » かっぱのめだま(さねとうあきら)

698 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/01/31(火) 21:26:45
タイトル忘れたが、かっぱのなんとかって絵本。

川のほとりに住んでいた河童が人間になりたいと思い、偶然通りかかった侍に相談する。

侍は河童の甲羅が欲しかったので、「川岸の岩に上って甲羅を乾かせばいい」とうそをつく。

河童はそれを信じ込み、来る日も来る日も岩の上で甲羅を乾かす。

だんだんと蒸発して身体が縮んでいくのも気付かずに。

一ヵ月たち、頃合いを見計らい侍が川にやって来る。
岩の上には甲羅が。河童の姿はない。
しめしめと岩に上り、甲羅を持っていこうとすると、岩には河童の二つの目玉だけが残されていた。

「おら、もう人間になったか?」

驚いて足を滑らせた侍は川に落ちて死亡。

その後、その岩の前を通ると、河童に声をかけられるとかかけられないとか。


700 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/01/31(火) 21:37:42
>>698
こえ~
絵本かよ。ビビるw

702 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/01/31(火) 21:54:11
>>698
あらすじから察するに、さねとうあきらの「かっぱのめだま」って
やつかなあ。
ぐぐったら「ぞっとするおはなし」として引っかかったから。
でも内容が判らないので確かではない。読んでみたいな。

703 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/01/31(火) 22:02:59
>702

それだ!かっぱのめだまだ。
さねとうあきらの絵本に入ってた話は他に二つあったが、恐くて後味悪い話だったぞ。

まだ家にあったかな…探してみる。

 

かっぱのめだま (理論社のカラー版愛蔵本)
かっぱのめだま
(理論社のカラー版愛蔵本)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...