ホーム » 小説 » 小説/さ行 » 世界の中心で、愛を叫ぶ(片山恭一)

720 名前:人形細工 ◆vESY7K4lxQ 投稿日:2006/02/13(月) 13:18:24
世界の中心で愛を叫ぶ(小説版)が後味悪い。
まとめるの苦手だから箇条書きで

全体的には主人公の朔太郎とヒロインの亜紀の純愛話。
朔太郎と亜紀はひょんな事で付き合いだし、色々と青春を謳歌する。
爺さんの頼みを聞いたりなんなりと二人の時間を楽しんでいるが、
物語中盤頃、亜紀は白血病が発症して入院してしまう。
だが、白血病で亜紀が弱っても朔太郎はかわらず愛し続けていた。
その後も朔太郎は亜紀に愛を注ぎ続けていたが、しばらくするとついに亜紀にも限界がきてしまう。
今際の際で亜紀は「私が死んだら骨の粉をオーストラリア(うる覚え)に撒いてほしい」と、朔太郎に告げる。
物語終盤、亜紀の死後にも朔太郎は名残惜しくて粉を撒けないでいる。
話の流れ的には、朔太郎は亜紀の粉をずっと持ち続けるかのように書かれる。
だが、最後の1行は「朔太郎は新しい彼女ができたので粉を校庭に撒く」な事が書かれて終わり。

なんか最後で裏切られた感があって後味が悪かった。
わかりにくくてスマン。
興味をもったら原作を読んでみてくれ。


728 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/02/13(月) 14:00:43
>>720
なにその脈絡のない終わらせ方…逆に気になるな。ちょっと立ち読みしてみるか。

733 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/02/13(月) 14:12:59
世界の中心で愛を叫んだけもの(ハーラン・エリスン作のSF小説)
                 ↓
世界の中心でアイを叫んだけもの(エヴァンゲリオン最終回タイトル。上記の小説からインスパイヤ)
                 ↓
世界の中心で、愛を叫ぶ(更にエヴァンゲリオンをインスパイヤ。編集者の入れ知恵)

736 名前:人形細工 ◆vESY7K4lxQ 投稿日:2006/02/13(月) 14:38:54
テレビは見てないが、映画は小説とほとんど別物。
映画は大人になった朔太郎が結婚前に故郷を訪れて、
小説の頃(学生時代)を思い出していくようなストーリー。
小説にまったくでてこないキャラとかも出てくる。
オチは個人的には後味悪くないと思う。
後味悪くしたい(あるいは虚しくなりたい)なら小説版、単純に泣きたいなら映画版かな?
まぁ、人それぞれだが。

738 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/02/13(月) 14:57:19
ドラマもやってたね
再放送でチラッとみたが
映画版に近い感じだった

しかしなんで、彼女の望んだ場所じゃなくて
校庭にまくのさ、遺骨


740 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/02/13(月) 14:59:04
旅費がもったいないから

741 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/02/13(月) 15:07:24
セカチューは、婚約者と一緒に母校へ行き、婚約者が無邪気にはしゃいでいる様子を微笑ましく感じる。
その姿に、悲しかったが愛に溢れたアキとの学校生活を思い出す。
思えばあの時はアキのことで精一杯で、満開の桜の花さえ気に留めることなく過ごしていたなあ、と。
懐かしい風景やアキとの思い出に、いつまでも過去に囚われるのをやめた朔太郎は、
桜吹雪とともに遺灰を風に飛ばす。

一応アキの遺灰は、死の直後アキの両親とともにオーストラリアに撒いている。
その時に朔太郎はどうしても手の中の遺骨の一部を手放せなかったけど、そんなものがなくても
アキといつも一緒さ、見たいな終わり方だったので意外に後味は悪くない気がしたよ。

 

世界の中心で、愛をさけぶ 小学館文庫
世界の中心で、愛をさけぶ
小学館文庫
世界の中心で、愛をさけぶ スタンダード・エディション [DVD](映画)
世界の中心で、愛をさけぶ
スタンダード・エディション [DVD](映画)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...