ホーム » 小説 » 小説/さ行 » 十月のゲーム(レイ・ブラッドベリ)

463 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/02/23(木) 14:48:32
ハロウィンと女の子がからむ、レイ・ブラッドベリの短編。
その夜は、ハロウィン。
主人公の若い奥さんの家では、子どもたちを招いてハロウィン・パーティ。
夕方から一人娘のキャロライン(だったっけ?)が見つからないが、
忙しいので、まあその辺にいるだろうと放っておかれる。
やがて夜になって、お決まりのゲームが始まることになった。
それはハロウィンの人気の遊びで、部屋を真っ暗にして子どもたちが車座に座り、
その手に「これは魔女の髪」「これは魔女の心臓」とか言いながら、
モップの毛とか氷嚢とかを渡す。子どもたちは手探りで隣りの子に回し、
まあ嘘とわかってても、ヘンな手触りや不気味さを楽しみ、最後に明かりをつけて大笑いという遊び。
娘が見つからないままゲームは始まる。「髪」とか「心臓」とか渡される合間に、
子どもたちのくすくす笑いや、「ねえ、キャロラインは見つかった?」
などのセリフがはさまる。そして、
「これは魔女の…」「いや、本当にべたべたしてる。本物みたい、すごい!」
「キャロラインは見つかった?」「これは魔女の…」「本当に血のニオイがする!」
「ねえ、キャロラインはどこ?」「これは魔女の…」「ねえ、渡しているのは誰?」
「これは魔女の…」暗闇の中で、だんだん恐怖につつまれる一同。「キャロラインはどこ!?」
その時、どこかのバカが明かりをつけてしまった……。

詳細は何も語られないんだけど、じっとりと後味悪く、
読んでる内に気分が追いつめられてくること請け合い。できたら、原書で。

 

とうに夜半を過ぎて (河出文庫)
とうに夜半を過ぎて (河出文庫)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...