ホーム » 小説 » 児童文学・絵本・昔話 » 千びき皮(グリム童話)

23 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/03/04(土) 04:58:36
子供の頃読んだ昔話の「千匹皮」が衝撃的だった。
美しい王妃を持つ王様。王はとても王妃を愛していたが、
王妃は病気で死んでしまう。
王は悲しむが、国王として新しい王妃をもらわなくてはいけない。
だが、王妃以上の女などいない、と突っぱねる。
しかし、王妃そっくりのすばらしい女がいた。
それは、王と王妃の実の娘だった。
王は娘に求婚する。

で、王から結婚の贈り物として贈られた「千匹の獣の皮」で
作られた毛皮で変装した姫は王の元を逃げ出し、隣国にいくんだが
物語のラストは二通りに分かれる。

一つは、隣国の王に見初められ結婚する。
もう一つは、隣国のパーティに来ていた父王が、変装していた娘を
見つけ出し、自国に連れ帰って結婚する(こちらが原作に忠実)。
読んだとき、父親と?逃げたのに何で?とすごく悩んだが、
大人になってから読み返すと、原作忠実版では変装中の姫が
わざわざ父親に見つかるような態度をとってるんだよね。
どうやら父子相姦ではまずいので、一度逃げ出し、別人として国に戻って
父親と結婚した、と言う意味合いが読み取れて、いっそういやな気分になった。


108 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/03/05(日) 21:01:00
>>23
少し前に、NHKのドイツ語講座のテキストでやってた
ひさうちみちおの漫画が、そんな感じで後味悪かったな・・・
父王が娘に子供を作らせるぞ、なエンド。
娘は実の娘じゃないかもしれないから、問題ないのかもしれないけど。

 

完訳 グリム童話集〈2〉 (岩波文庫)
完訳 グリム童話集〈2〉
(岩波文庫)
1812初版グリム童話〈下〉 (小学館文庫)
1812初版グリム童話〈下〉
(小学館文庫)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...