ホーム » 小説 » 小説/タイトル不明 » 食料不足

800 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/04/05(水) 14:42:56
子供の頃読んだ少年小説
200×年、その頃は地球規模の氷河期に入っていて全ての食料、資源が不足してきて
配給制となっていたが、母子家庭の中学3生の恵子は
貧しいお弁当(これすらも母親が長時間配給に並んでやっと手に入れたもの)を持って学校に出かける。
恵子の夢はこの苦労してきた母を早く手助け出来る年齢になる事で、母親には本当に感謝していた

中学には違うクラスのBFがいて、そのBFの家族は両親
祖母、と多くて
配給はもっと厳しいく昼食のお弁当は持って来れないので、いつも恵子のお弁当を2人で分け合っていた。
「ごめんね恵子ちゃん・・折角の君のお弁当を、半分とってしまって」
「いいのよ!そんな事、気にしないで・・」といういつもの会話のあとBFが
「ねぇ、今度の日曜に家に遊びに来てくれないか?母が君に会いたがっているんだ」
初めてのBFへの家庭訪問、恵子は貴重な水を工面して身体を洗い汚れを落として、
精一杯お洒落な洋服を着て彼の家にやってくる

BFの一家総出で迎えてもらう、大歓迎に喜び一杯の恵子は
貴重なコーヒーまで出して下さるお母様の心使いに、苦くて不味いと思ったコーヒーを
「美味しいです」といって飲み干すと、急に眠くなり・・・その日のそのBFの夕食は、
珍しい肉入りのカレーライスでした。
・・・母子家庭の素直な心優しい孝行娘と無邪気なBFの恋物語の落ちがこれかい?!
と消防の自分は落ち込んだよ
当時は、ノストラダムスの大予言とか代3次世界大戦で
人類滅亡?とか噂されたアンニョイな時代だったためかな?


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...