ホーム » 小説 » 児童文学・絵本・昔話 » おやゆび姫(アンデルセン童話)

806 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/04/24(月) 00:56:46
子供の頃読んだ、おやゆび姫かそれに似た童話で、
小さな女の子が川を葉っぱの船に乗って流されていく。
そこにチョウチョが飛んできて、自分と葉っぱをリボンで結べば
流されないようにどこか岸辺に着けてあげる、という。
ところが女の子は、鳥か虫か忘れてけど、飛んできた奴にさらわれていってしまう。
いつまでも葉っぱにくくりつけられて流されていく蝶を心配する女の子。
その後彼女に関してはハッピーエンドになるんだけど、
子供心に、なまじ親切だったばっかりにいつか力つきて川に落ちてしまったかも知れない
かわいそうな蝶のことが忘れられなかった。

 

完訳アンデルセン童話集 1 (岩波文庫 赤 740-1)
完訳アンデルセン童話集 1
(岩波文庫)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...