ホーム » スレ別 » 後味の悪い話 その46 » X-DAY(田村由美)

44 名前:1/4 投稿日:2006/04/28(金) 15:04:41
漫画は漫画だけど、後味悪かったものを。
田村由美という作者の短編。タイトルはちょっと思い出せない。

「彼女がいじめるんです。だから殺したんです」
冒頭、少女の独白で話は始まる。

真弓はいつもあたしを苛める。
取り巻きに命令して私を袋にさせる。
それでいて通りがかったふりをして、私を助ける。
でも私は知ってる。本当は真弓が全部命令してるんだ。

昔からそうだった。
私の親友を奪って、仲間はずれにされた。
無視するように仕向けて私はひとりぼっちになった。


45 名前:2/4 投稿日:2006/04/28(金) 15:06:16
学校に行くと椅子がない。
真弓がこっちを見てニヤニヤ笑ってる。周りもみんな笑ってる。
悔しさを堪えて「椅子を返して」って言ったのに、
「何の事?変な言いがかりはよして」 しらばっくれて返してくれない。

こんな毎日もう嫌だ、ふらふら街を歩いてる時に綺麗なブローチを見つけた。
出来心でそれをポケットに入れようとした時、真弓の視線に気づいた。
監視されていた!万引きしようとしたところを見られた!

その場を逃げ出して家に帰ると、電話がかかってきた。真弓だ。
「これからあんたの家にいくから。一対一で話をつけようじゃない。家の場所は知ってるから」
家の場所まで調べられている。逃げ場所なんてない。
一人で来るなんて嘘に決まってる。また取り巻きを連れてきて、あたしを苛めるんだ。
明日から学校にも行けない。教師にも親にもチクられる。もう終わりだ。

だから殺した。


46 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/04/28(金) 15:07:18
場面は打って変わって。

トイレが騒がしいので覗いてみると、友達がクラスの子を苛めていた。
「ちょっと!そういうことやめなさいよ!」 慌ててみんなを止めて教室に引き立てていく。
でも助けてあげたクラスメイトは、お礼も言わずにずっと睨んでいる。

彼女はいつもそうだ。何も言わずに私を睨む。言いたい事があるなら言えばいいのに。
昔は仲が良かった。他の友達と三人で一緒に遊んでいた。
でも口数が少なく、こちらから誘わない限り声を掛けてくる事はなかった。
一緒に遊ぶのが嫌なのかと思って、いつしか疎遠になってしまったけれど。
私の悪口も言いふらしてるらしい。
親友を取ったと変な噂をばらまいていて、それが私の友達の勘に障って苛められている。

いつも遠巻きに睨んでる彼女が、珍しく声を掛けてきた。「椅子を返して」
何のことかさっぱりわからない。尋ねても、それ以上口を開かずに睨んでくる。
ちゃんと話してくれればいいのに、どうして話してくれないんだろう。


47 名前:4/4 投稿日:2006/04/28(金) 15:09:17
後で聞くと、友達が彼女の椅子を隠したらしい。
きつく注意しておいたけど、彼女はきっと誤解しているんだろう。
これは一度謝った方がよさそうだ。

帰り道で見かけて声を掛けようとしたけど、顔を見ただけで逃げ出された。
彼女が見ていたのはブローチ。これが欲しかったのかもしれない。
そう言えば、もうすぐあの子の誕生日。プレゼントに渡して仲直りしよう。
話し合ったら、きっとすぐ誤解なんて解けるはず。

昔よく一緒に遊んだから、家の場所は知ってる。
プレゼントの事は内緒にして、遊びに行く事だけ伝えよう。
仲直りできるといいな。
———————————————–
へたなんで伝わりにくいけど、漫画だと絵がとてもいい。
前半は真弓はすかした顔をして裏がありそうな笑顔、いじめられっこはビクビク怯えた顔。
後半になると逆転。
真弓は裏表のない屈託ない笑顔で、いじめられっこは卑屈で眉間に皺が寄ってるような顔。
誤解って怖いね。


50 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/04/28(金) 15:28:39
>>44-47
現実にありそうなイヤ~な話だなあ…。

53 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/04/28(金) 16:47:11
>>44-47
後味悪いわー。GJ!

これって、真弓の現在の友達もタチ悪くない?
真弓自身も、いじめっこたちと普通に友達なんでしょ?
しかもいじめられてるのは以前友達だった子で。
真弓がかなり鈍感なせいなんじゃないかと。。。

年齢設定が小学生くらいだったらわかるけど。
それにいじめられっこが全面的に悪くないわけじゃないけどさ。

それにしても奪われたとかいう「親友」はどうしてるんだ。
その子が間に入るべきじゃないのか?


57 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/04/28(金) 19:44:09
親友と言うのは、いじめられっこの思いこみだと思う。
小学校の頃に、親友、真弓、いじめらっれこは三人で遊んだ時期がある。
でもいじめられっこは自分から話しかけないし誘わないと遊ばないので、
自然と真弓と親友が親しくなって、いじめられっこは疎遠になっていった。

それをいじめられっこは、真弓が私の親友を奪ったと脳内変換。
私がいじめられるのも、友達が出来ないのも、全部真弓のせいだと逆恨みしている。
真弓の方は、親しかったのは小学校の一時期だけで
その後は特に接点もなかったので、クラスメイトと言う認識しかない。
まさか自分が友達と盗ったと逆恨みされているとは、露とも思っていないんだよね。


58 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/04/28(金) 20:03:34
>>57
うん、脳内変換で云々っていうのはわかるんだけど、
その「親友」と思われてた子はどのスタンスにいるのかと思って。
クラス違ってても同じ学校にいるんだったら、
普通、多少は関わってくるんじゃないのか?と思ったの。
もう、真弓の友達ですらないってことかな。
まあフィクションだし、物事の両面を巧く描けてるんだろうからもういいかw

60 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/04/28(金) 20:20:18
>>58
いや全く出てこなかった。
名前も出てないし顔すら出てないw

だから親友とか友達とか言う段階のものではなく、
小学校でクラスが同じ、家が近い、と言う理由だけで
一緒に遊んで学年が変わると疎遠になってしまう、
そう言う他愛ない関係だったんだと思う。

 

きねづかん (小学館文庫)
きねづかん (小学館文庫)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...