ホーム » 小説 » 小説/さ行 » セーラー服と機関銃(赤川次郎)

419 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/06/23(金) 01:12:42
セーラー服と機関銃がドラマ化するらしいが、あれの終わり方も結構後味が悪かった。

主人公はごく普通の高校生。仕事で出かけていた先で父が事故にあい死亡してしまった。
そこへ、親分が死んだという廃れたヤクザの一味がやってくる。
(ヤクザとはいえいわゆる任侠の人たちで悪者ではない)
親分の遺言で、次の組長は親分の親戚筋の人に頼む事になっていたが、
今残っている親戚は主人公一人しかいない。
いやがっていたものの、父の死の真相を知るために主人公は組長になる事を承諾した。

父は麻薬に関わっておりそのために殺されたのではないか…という
不名誉な疑いをかけられていたが、あくまでも事故で死んだことがわかり、
タイトル通りセーラー服姿で機関銃をぶっ放して
薬の売買をしていた敵の組を壊滅させたりして一件落着。
ヤクザ一味も組を解体してカタギになるという。主人公も組長ではなくただの高校生に戻った。
一味の中で一番リーダー格っぽい感じの渋いおじさまがある日、主人公のもとを訪れる。
もう裏の世界の事は忘れればいい、巻き込まれそうになっても知らないふりをしろと言いながら、
今自分が勤めているというまともな会社の名刺を主人公に渡した。
主人公も名刺を渡す。

数日後、警察がやってきた。町で殺傷事件が起きたのだという。
若い男同士が刃傷沙汰になり、それを諌めようと間に入った中年男性が死亡したのだという。
話から聞く男性の背格好はヤクザの人と同じもので、
警察が主人公を訪ねてきたのは、男性の遺品から主人公への名刺が見つかったためだった。
主人公は知らないと言い張り警察を帰らせた後で、
男性からサラリーマンとして名刺をもらった事を思い出して
警察に電話をかけて終わり

カタギの道を歩み始めた途端にナイスミドルが死んでしまって(‘A`)

 

セーラー服と機関銃 (角川文庫)
セーラー服と機関銃 (角川文庫)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...