ホーム » その他 » 事件・事故 » 栃木実父殺し事件

889 名前:1/2 投稿日:2006/07/19(水) 00:16:24
栃木の父親殺し事件。

その夫婦は人目を引いた。
中年の夫に対して妻は非常に若く、連れ立つ二人はまるで親子のように見えた。
それもそのはず、実に二人は、本当の父娘だったのである。

娘のA子は、中学生の時から父親の性暴力の対象となった。
母親は娘をかばい、父親の目を盗んで他の町に逃げさせたりもしたが
そのたびに父親は娘を探し出し、見つからないときは暴れ
母や幼い弟妹まで殺そうとした。
最終的にA子は家族を守るため、希望していた高校進学も諦め
「いいよ。分かったよ、父ちゃん」と
擬似夫婦として父親と二人暮らしを始めたのだった。
彼女は父親の子供を5人出産し、4人中絶している。

A子に初めて好きな人ができたのは二十歳を過ぎてからだった。
相手は優しく誠実な男性だった。
A子の事情を全て理解した上で「一緒になろう」と言ってくれた。
人生を諦めていたA子にとって、やっと「自分も幸せになれるかもしれない」と思えた瞬間だった。


890 名前:2/2 投稿日:2006/07/19(水) 00:19:02
しかし、父親はA子の希望を許さなかった。
「俺はお前に弄ばれた。俺を捨てるなら、俺はお前の子供を殺して
お前を追いかける。お前を絶対幸せにはしない」
父親はA子にそう言い放った。

ずっと耐えてきたA子は、とうとう我慢できなかった。
泣きながら、酔った父親を押し倒して首を絞めた。
父親は絶命した。
その後、A子は頼りにしていた近所の主婦に通報してもらい
おとなしく警察に連行されている。

弁護士は「この事件に尊属殺人罪を適用すべきではない」と主張、
最高裁はその意見を全面的に受け入れ、A子は執行猶予3年となった。
この事件がきっかけで、日本史から尊属殺人罪が消えたと言われている。

A子さんは好きな人と結婚できたのか、それがすごく気になるよ。
やっと手にできそうだった幸せなのに…


891 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/07/19(水) 00:28:10
>>889
刑法勉強してると必ず出てくるな。
俺もこの後この人が幸せになれたか気になっているが、
誰か知ってる人いない?

893 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/07/19(水) 00:45:37
性的虐待の末路は大体赤線か病院だった時代だからなぁ

 

尊属殺人罪が消えた日
尊属殺人罪が消えた日(書籍)
戦後"異常"殺人事件史
戦後"異常"殺人事件史(書籍)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...