ホーム » 小説 » 小説/さ行 » 坂の上の家(乃南アサ)

317 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/08/11(金) 17:24:02
乃南アサ 「坂の上の家」

主人公は、気のいい若夫婦が経営するレストランの、アルバイトの女子大生。
その店には、いつも閉店間際にやってきてはダラダラと長居する、大変迷惑な家族客がおる。
家族仲は傍目にも冷えきっており、その4人のあいだにはおよそ家族らしい会話もなく
彼らは食事の最中も黙ったまま、本ばかり読んでいるのだ。
その家族のことを、主人公はいつしか陰で「悪魔の家族」と呼ぶようになる。

ある日街を歩いていた主人公は、「悪魔の家族」の長男(中学生くらい)が
同級生からイジメを受けている現場を目撃し、さらに次男(小学校低学年)が
遊び相手もおらずデパートの階段に座り、スナック菓子を
つまらなそうに食べているところを見る。
『あんなに幼い彼らが、私よりもずっと年をとった疲れた目をしている・・・』
と、主人公は何となしに嫌な気持ちになる。
また、その街では最近不審火事件が相次いでいるらしく、オーナー夫婦も不安そうな面持ち。


318 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/08/11(金) 17:26:38
数日後、昼間のレストランに、数人の主婦を連れた「悪魔の家族」の妻が来店する。
彼女たちの話から、悪魔妻は学校の教師をしているらしいこと、
また「悪魔の家族」が、店からも見える坂の上に建つ、立派な新築の家に
住んでいることなどがわかる。
素敵な先生然として主婦達に子育てのアドバイスをする悪魔妻に、主人公やオーナー夫婦は
『実の息子たちの無言のSOSにも気付かないで何が素敵なおかあさん先生だ!』
と憤る。

319 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/08/11(金) 17:28:39
それから幾日かたったある晩。閉店間際に、最近では家族ばらばらに到着するようになった
「悪魔の家族」が来店するが、次男がなかなか現れない。
遅れてやっと到着した次男はめずらしく晴れ晴れした表情で、長男に
「ばっちり大成功だよ、お兄ちゃんっ!」と声をかけ、長男も
「よくやったな、上出来だぞ」と返事をする。
初めて彼らの家族らしい会話を見た主人公は驚きを隠せない。
「早く注文して食べちゃいなさいよ」という悪魔妻に、
「いっらないよっ」
「僕も、いらない」
と返す子供達。
「あらそう。じゃ早く家に帰って、お風呂入って・・・」
悪魔妻が言い終わらないうちに、兄弟は顔を見合わせくすくす笑いだす。
つられて笑顔になりながら悪魔妻が窓の外を見ると、坂の上から煙が上がっている。

「・・・おい、あれ、俺たちの家からじゃないか」悪魔父が茫然とつぶやく。

「ぼく、ちゃんと火、つけられたよっ」
「ああ、何度も練習したもんな」
兄弟は笑いながらしゃべり続ける。
「これでぼくたち、冒険旅行に出られるよね?」
「ああ。でもお前は無理だぞ、刑務所に入れられるんだからな。冒険旅行は僕1人で行くんだ」
「え?なんで?お兄ちゃんがやろうって言ったんじゃないかっ!」
「僕、知らない。」
「ずるいよっ!」

主人公の目に、悪魔夫妻が坂の上に向かって駆け出す様子が、
スローモーションのように映った・・・

おしまい

 

トゥインクル・ボーイ (新潮文庫)
トゥインクル・ボーイ
(新潮文庫)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...