ホーム » スレ別 » 後味の悪い話 その53 » 黒柳徹子

227 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/08/25(金) 19:17:01
黒柳徹子がユニセフ親善大使としてアフリカに行った時の話。
内戦で虐殺が行われたと言われていた国行って、難民キャンプを訪れた。
そこで出会った子供が孤児だと聞いたので「誰があなたの親を殺したのか覚えてる?」と聞いたが、
子供は覚えていないと言う。
ところが、数日後(?その日のうちだったかもしれない)
「本当は顔を覚えているんだ」と子供が言い出した。
「じゃあどうして前に聞いたときはそう言わなかったの」と尋ねたら
「だって、あの時の通訳だったんだもん」と……。

ユニセフ大使の通訳をやるような人だから、きっと優秀な人なんだろうけど、
そういう人でも虐殺には加担したのかと思ったらこの先もその国はいろいろ大変なんだろうなと思った。
でも、そもそも、なんでそんなことを聞いたんだよ、トットちゃん……と
思うと、なんだかもやもやして、後味が悪い……。


230 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/08/25(金) 20:05:57
>>227
うまくできすぎてて、作り話としか思えんのだが

231 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/08/25(金) 20:34:58
>>230
本人がそう語ってたよ。自分の覚え違いかと思って調べたら、
いろいろ出て来たわ。
ルワンダだったんだね。
まあ、本人が作ったんだろうと言われるとなんともしようが無いが。

後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...