ホーム » 小説 » 児童文学・絵本・昔話 » 社宅ってどんなとこ?

579 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/08/30(水) 21:50:28
昔読んだ児童文学であいまいな部分も多いんだが。

主人公は社宅で暮らしている小学生男子。
同じ社宅の友達2人とよく遊んでいる。
ある時、窓がたまたま開いている部屋があり、友人たちは忍び込もうと言い出す。
主人公は止めるが、押しに負けてみんなで不法侵入してしまい
案の定見つかってこっぴどく叱られる。

社宅ではあっという間にその話は広がった。
しかしなぜか主人公だけが悪く言われる。まるで彼一人でやったかのように。
「あの子怖いわねえ」「泥棒でもしようとしたのかしら」
母親にその事を尋ねてみると
友人たちの父親は役職がかなり上なので、遠慮して悪く言えないんだろう、
社宅の人間関係はいろいろ難しい所があるのだ、と気まずそうに答える。
いたたまれなくなった主人公一家は結局引越しをする。

新しく出来た友人に、「社宅ってどんなとこだった?」と聞かれ
「そんなに楽しいってものでもない」とかなんとか答えるところで終わり。


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...