ホーム » 小説 » 児童文学・絵本・昔話 » 宇宙人のしゅくだい(小松左京)

881 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/09/03(日) 21:10:05
懐かしい。
おみやげの次に宇宙人の宿題が載ってたなぁ。
今では立派な星&小松ファンになってしまったよ。

一応宇宙人の宿題のあらすじ。
女の子が通学路で倒れる。気がつくと変な場所にいて、目の前に宇宙人がいた。
「この星は戦争ばかりしている。そんな野蛮な奴らが宇宙に出てきたらたまらない。
 ひとつ人類を滅ぼそうと思うが」
「人間にはいい人もいっぱいいます。お願いですから時間を下さい」
「そうか。では100年したらまた来る」

場面変わって病院のベッドの上。
「よかった。気がついたのね」
「ママ、あのね宇宙人がね……」
女の子は母親に宇宙人との会話の内容を話した。
「君は夢をみていたんだよ」
そばにいた医者が言った。
「怖い夢もすぐ忘れるさ」

夢じゃなかったらこの後どうなるんだろう…とガクブルした消防でした。

 

宇宙人のしゅくだい (講談社青い鳥文庫 40-1)
宇宙人のしゅくだい
(講談社青い鳥文庫)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...