ホーム » 小説 » 児童文学・絵本・昔話 » ウサギどんとキツネどん

370 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/09/24(日) 12:33:51
それに似た話を小さい頃、アメリカの昔話の本で読んだことがあるのを思い出した。
うさぎときつねが主要キャラクターで、うさぎがものすごいワル。
「トムとジェリー」のジェリーをDQN強化したみたいなヤツ。
いつもキツネを酷い目に遭わせていて、蜂蜜みたいなエピソードもあった。
子供心に、きつねに肩入れしながら呼んでしまうくらいだった。

ある日、たまりかねたきつねは、人形を作って全身にタールを塗ってべたべたにして道ばたに放置。
通りかかったうさぎが「おい」と人形にガンをつけるが、もちろん返事はない。
「なまいきだぞ」と怒っていきなり人形を殴ると、手がタールでくっついてしまう。
ますます怒って殴る蹴るしたものだから、全身が人形にくっついて、身動きできなくなった。
そこにきつねが来て、ざまーみろ。
ところが、うさぎはきつねの前では、わざと楽しそうに装った。
きつねはバカなので、だんだん騙されていって「そんなに楽しいのか?」
「こうしていると、とっても楽しいよ、なんなら代わってやってもいいけど」
うさぎは言葉巧みにいいくるめ、自分の体を人形からはがしてもらって、
代わりにきつねをはりつけてさよーなら。
DQNが最後には勝つ!という後味悪い童話だった。


377 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/09/24(日) 14:34:53
>370
ウサギどん、キツネどんの話だね。この童話はラストでウサギどんが
キツネどんの母親を殺して鍋にして、それをキツネどんに食べさせてしまう
という結末なのでもっと後味悪いよ。

そして、この童話を題材にしたのが、ネズミーランドのスプラッシュマウンテンw


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...